「卵」と「玉子」は何が違う? 食べるのは最初?シメ? 寿司屋が教えるタマゴの知識 (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「卵」と「玉子」は何が違う? 食べるのは最初?シメ? 寿司屋が教えるタマゴの知識

連載「お魚ビッくらポン」

岡本浩之AERA#AERAオンライン限定
お子様に大人気の玉子のお寿司

お子様に大人気の玉子のお寿司

 ちなみに、当時の玉子焼きは今の価値で300円ほどで、アナゴやマグロ(赤身)の倍の値段だったようです。

 くら寿司でももちろん玉子焼きは販売しています。えびマヨやコーンなどと並んで、お子様には大人気の定番のネタです。

 ちなみに、マルハニチロの調査によると、シメに食べるネタとして、玉子がサーモンやマグロ類に続く5位に入っています。

 回転寿司に来られるお客さまは、まず玉子で店の味を確認してという通(ツウ)の方より、最後はちょっと甘めの玉子で……という方が多いということでしょうか。

 くら寿司に来られた際には、難しいことを考えず、好きなネタを好きな時に好きなだけ食べて楽しい時を過ごしていただければと思います。

○岡本浩之(おかもと・ひろゆき)
1962年岡山県倉敷市生まれ。大阪大学文学部卒業後、電機メーカー、食品メーカーの広報部長などを経て、2018年12月から「くら寿司株式会社」広報担当、2019年11月から、執行役員 広報宣伝IR本部 本部長

※AERAオンライン限定記事


トップにもどる AERA記事一覧

岡本浩之

おかもと・ひろゆき/1962年岡山県倉敷市生まれ。大阪大学文学部卒業後、電機メーカー、食品メーカーの広報部長などを経て、2018年12月から「くら寿司株式会社」広報担当、2021年1月から取締役 広報宣伝IR本部 本部長。

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい