緊急事態宣言の継続で千葉・埼玉が「巻き添え」 解除見送りは正しかったのか?

新型コロナウイルス

2020/05/25 14:00

 大阪などで緊急事態宣言が解除された一方、感染者の少ない千葉や埼玉は解除のタイミングが遅れた。政府の出口戦略は適切だったのか。第2波に備え、AERA 2020年6月1日号では専門家の見解を紹介する。

あわせて読みたい

  • 宣言延長の今“目標示せるトップ”が必要 菅首相の問題点を東京都医師会会長が指摘

    宣言延長の今“目標示せるトップ”が必要 菅首相の問題点を東京都医師会会長が指摘

    AERA

    3/9

    コロナ第2波の恐怖 飲食店は戸惑い「解禁しても固定費重すぎる」

    コロナ第2波の恐怖 飲食店は戸惑い「解禁しても固定費重すぎる」

    週刊朝日

    5/20

  • 緊急事態宣言の是非「全く不要だった可能性」指摘も 専門家の見解分かれる

    緊急事態宣言の是非「全く不要だった可能性」指摘も 専門家の見解分かれる

    AERA

    5/25

    なんと相場の5倍…厚労省が“時価”で優先提供したエタノール

    なんと相場の5倍…厚労省が“時価”で優先提供したエタノール

    週刊朝日

    6/28

  • 「気を緩めると第2波は必ず来る」 新型コロナ第1波とは「感染者が桁違いになる」リスク

    「気を緩めると第2波は必ず来る」 新型コロナ第1波とは「感染者が桁違いになる」リスク

    AERA

    5/20

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す