筑波大の学園祭委員長に重度脳性まひの19歳選出 「障害あっても私は普通に大学生」

2020/04/27 17:00

 例年3万人超が来場する筑波大の学園祭。その実行委員長に、重度脳性まひの学生が選ばれた。電動車いすに乗り、iPadを使い会話する。彼女たちが掲げる学園祭のテーマは「多様性」だ。AERA 2020年4月27日号掲載の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 「私たちだけが特別扱いされるのはおかしい」木村英子参院議員が目指す社会とは?

    「私たちだけが特別扱いされるのはおかしい」木村英子参院議員が目指す社会とは?

    AERA

    9/6

    出産時のリスク 「陣痛促進剤と脳性まひ」本当の関係

    出産時のリスク 「陣痛促進剤と脳性まひ」本当の関係

    週刊朝日

    5/16

  • パラ「学校連携観戦」に障害ある子の母が本音 「『障害があっても努力で乗り越えられる』と思われると…」

    パラ「学校連携観戦」に障害ある子の母が本音 「『障害があっても努力で乗り越えられる』と思われると…」

    AERA

    9/11

    「あ~、ムリムリ」「重度障害児に眼鏡つくる意味ある?」 受診を敬遠される障害児たち

    「あ~、ムリムリ」「重度障害児に眼鏡つくる意味ある?」 受診を敬遠される障害児たち

    AERA

    1/16

  • 障害者の“性”と向き合えぬニッポン

    障害者の“性”と向き合えぬニッポン

    週刊朝日

    11/4

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す