風俗関係者の補償除外にデリヘル嬢「悪意しか感じられない」 “官製差別”は憲法違反だ

新型コロナウイルス

2020/04/14 08:00

 風俗関係者は休業補償の対象外とする、政府の当初の方針は撤回された。世論の反発で撤回に追い込まれた形だが、政権による職業差別はなぜ起こったのか。AERA 2020年4月20日号では、その背景に迫った。

あわせて読みたい

  • 経産省のコロナ補助金、性風俗業者はなぜ対象外? 対象に含めた厚労省との違いめぐり法廷で論争へ

    経産省のコロナ補助金、性風俗業者はなぜ対象外? 対象に含めた厚労省との違いめぐり法廷で論争へ

    AERA

    9/11

    感染の危険知りつつソープランドへ出勤…支援対象外で働かざるを得ない女性の実情

    感染の危険知りつつソープランドへ出勤…支援対象外で働かざるを得ない女性の実情

    AERA

    4/15

  • コロナで使える経済支援は? 給付まで時間かかる制度も

    コロナで使える経済支援は? 給付まで時間かかる制度も

    週刊朝日

    3/27

    性風俗業者のコロナ補助金対象外 不遇な扱いによる納税意欲の低下は「自然な気持ち」

    性風俗業者のコロナ補助金対象外 不遇な扱いによる納税意欲の低下は「自然な気持ち」

    AERA

    9/12

  • Zeebraが小池都知事にもの申す「夜の街名指しはフェアじゃない!昼と夜の線引きなき補償を」

    Zeebraが小池都知事にもの申す「夜の街名指しはフェアじゃない!昼と夜の線引きなき補償を」

    週刊朝日

    4/4

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す