又吉直樹、「劇場」映画化で気づいた主人公の「とんでもない自己中のクズ男」っぷり (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

又吉直樹、「劇場」映画化で気づいた主人公の「とんでもない自己中のクズ男」っぷり

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA
山崎賢人(やまざき・けんと、右):1994年、東京都生まれ。映画「キングダム」、ドラマ「グッド・ドクター」などに主演。今後Netflixオリジナルドラマ「今際の国のアリス」で主演を務める/又吉直樹(またよし・なおき):1980年、大阪府生まれ。お笑い芸人として活躍しながら、小説も執筆。2015年、小説『火花』で芥川賞受賞。近著に『人間』(撮影/篠塚ようこ)

山崎賢人(やまざき・けんと、右):1994年、東京都生まれ。映画「キングダム」、ドラマ「グッド・ドクター」などに主演。今後Netflixオリジナルドラマ「今際の国のアリス」で主演を務める/又吉直樹(またよし・なおき):1980年、大阪府生まれ。お笑い芸人として活躍しながら、小説も執筆。2015年、小説『火花』で芥川賞受賞。近著に『人間』(撮影/篠塚ようこ)

映画「劇場」は4月17日に公開される予定。監督は行定勲。ほかに出演は、松岡茉優、寛一郎など (c)2020「劇場」製作委員会

映画「劇場」は4月17日に公開される予定。監督は行定勲。ほかに出演は、松岡茉優、寛一郎など (c)2020「劇場」製作委員会

 又吉直樹原作の映画「劇場」。芽が出ない劇作家の青年の「たったひとつの恋」が描かれる。主人公を演じたのは山崎賢人。二人が思う表現者の苦悩、そして切ない「あのころ」とは…? AERA 2020年4月13日号掲載の記事で、同作について2人が語りあった。

【画像】美しい… AERA表紙を飾った山崎賢人さんはこちら

*  *  *
山崎賢人(以下、山崎):最初にお会いしたとき、又吉さんが「これは自分にとって一番思い入れのある作品なんだ」とおっしゃったんです。それがすごく印象に残って、大事に演じなければと思いました。

又吉直樹(以下、又吉):ありがたいです。主人公の永田は僕自身ではないですけど、やっぱり僕の体験に重なるものがあるんですよね。

山崎:僕もどこかに又吉さんの雰囲気を入れられないかなと、又吉さんの映像をすごく見たりしてました(笑)。

 映画「劇場」は、お笑い芸人で芥川賞作家の又吉直樹の小説が原作。主人公の永田は、なかなか芽が出ない劇作家だ。自分には才能などないのではないかと、自意識と焦りのあいだを揺れ動き、ときに心ない言葉や態度で恋人の沙希を傷つけてしまう。

又吉:僕は小説を書いたとき、永田を「未成熟でわがままだけど、どこかかわいげがあるやつ」と思っていたんです。でも読者の感想や書評で「とんでもない自己中のクズ男」と書かれて、「え? そうなん?」とちょっと驚いてた。でも今回、映画を観て「たしかに、これはひどいなあ」と。

山崎:(笑)。

又吉:一方で、山崎さんがもともと持っていらっしゃる「人に愛される力」のようなものが自然に機能して、僕がイメージしていた「ひどいんだけど、なんかかわいらしい」永田像にもなっていたと感じました。

山崎:俳優も劇作家も同じ「表現者」ですよね。僕にも共感できる部分がたくさんありました。自分のことで一杯一杯になっていると人に優しくできなかったり。そういう自分にいら立ちながら、昼に起きてきて、彼女が作っておいてくれた生姜焼きを食べちゃう、みたいな。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい