「いいね」で接近…カルト勧誘の舞台はSNSへ “偽女子会”に誘導する手口も

オウム真理教

2020/03/20 08:00

 1995年のオウム真理教による「地下鉄サリン事件」から25年──。社会はカルトへの警戒感を強めるが、今も水面下で活動を続けている。AERA2020年3月23日号では、主戦場を路上からSNSに移したカルトの勧誘手口を紹介する。

あわせて読みたい

  • カルトに狙われやすい4月は要注意! 「危ない宗教」を見分ける2つのポイント

    カルトに狙われやすい4月は要注意! 「危ない宗教」を見分ける2つのポイント

    AERA

    3/21

    SNSをきっかけに信者拡大 オウム後継「アレフ」の勧誘手口

    SNSをきっかけに信者拡大 オウム後継「アレフ」の勧誘手口

    週刊朝日

    7/8

  • 江川紹子が見つめ続けた「オウム真理教事件とは何だったのか」

    江川紹子が見つめ続けた「オウム真理教事件とは何だったのか」

    AERA

    7/6

    オウム裁判終結、事件から何を教訓とすべきか、江川紹子が振り返る

    オウム裁判終結、事件から何を教訓とすべきか、江川紹子が振り返る

    AERA

    3/23

  • 1年で200人増  若者中心に「社会情勢不安」でアレフが急成長中

    1年で200人増  若者中心に「社会情勢不安」でアレフが急成長中

    週刊朝日

    7/10

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す