一審の無罪判決では「絶望」の声も 実の娘に性的暴行の父親に逆転有罪

2020/03/17 07:00

 名古屋高裁が実の娘に性的暴行を加えた父親に逆転有罪判決を出した。性暴力に抗議し、被害者の痛みを分かち合うフラワーデモの参加者らにとっても、この判決は大きな意味を持った。AERA 2020年3月23日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 路上で性暴力被害を告白、「ありがとう」の声も…フラワーデモで胸を熱くした瞬間

    路上で性暴力被害を告白、「ありがとう」の声も…フラワーデモで胸を熱くした瞬間

    AERA

    3/23

    「お父さんが布団に入ってくる」12歳少女は泣きながら訴えた 性虐待、逆転有罪判決がもたらす光
    筆者の顔写真

    北原みのり

    「お父さんが布団に入ってくる」12歳少女は泣きながら訴えた 性虐待、逆転有罪判決がもたらす光

    dot.

    12/23

  • 実父からの性暴力さえ無罪に…罪の要件「抗拒不能」の背景にある“男社会の考え方”

    実父からの性暴力さえ無罪に…罪の要件「抗拒不能」の背景にある“男社会の考え方”

    AERA

    6/1

    全国最年少市長に逆転有罪 地元美濃加茂市「静観」のワケ

    全国最年少市長に逆転有罪 地元美濃加茂市「静観」のワケ

    週刊朝日

    12/7

  • 性暴力被害者たちの“静かなデモ” 痛ましい過去を語る意義とは?

    性暴力被害者たちの“静かなデモ” 痛ましい過去を語る意義とは?

    AERA

    7/25

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す