アフガニスタン政府を見捨てた米国はベトナム戦争と同じ 米軍撤退後は政権崩壊、さらなる内戦も

2020/03/13 08:00

 米国がタリバーンと和平協定を結んだ。これまで米国が支えてきたアフガニスタン政府を排除しての協定は、大統領選挙を前に戦争終結の実績を作りたいトランプ大統領の思惑が透けて見える。一方で米軍撤退後のアフガニスタンでは、現政府の崩壊と、さらなる内戦の可能性も。AERA 2020年3月16日号では、軍事ジャーナリストの田岡俊次氏がアフガニスタンの今後を予想した。

あわせて読みたい

  • アフガン和平協定は「米国の敗戦」 トランプが宿敵タリバーンに屈した理由を田岡俊次が解説

    アフガン和平協定は「米国の敗戦」 トランプが宿敵タリバーンに屈した理由を田岡俊次が解説

    AERA

    3/12

    田原総一朗「アフガン混乱 バイデンが米軍撤退を急いだ本当の理由」
    筆者の顔写真

    田原総一朗

    田原総一朗「アフガン混乱 バイデンが米軍撤退を急いだ本当の理由」

    週刊朝日

    8/25

  • 衝撃!米軍はアフガニスタンに敗北していた 隠蔽暴いた「アフガニスタン・ペーパーズ」とは

    衝撃!米軍はアフガニスタンに敗北していた 隠蔽暴いた「アフガニスタン・ペーパーズ」とは

    AERA

    2/9

    アフガン20年戦争 政府軍は米国への忠誠心乏しく…日本も援助に約7500億円

    アフガン20年戦争 政府軍は米国への忠誠心乏しく…日本も援助に約7500億円

    AERA

    8/25

  • 脱走兵多数で兵士水増し 日本も無関係ではない米・アフガニスタン攻撃の真実

    脱走兵多数で兵士水増し 日本も無関係ではない米・アフガニスタン攻撃の真実

    AERA

    2/10

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す