「最初は『おひや』に戸惑った」 カルチャーギャップと奮闘する外国人介護スタッフ (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「最初は『おひや』に戸惑った」 カルチャーギャップと奮闘する外国人介護スタッフ

このエントリーをはてなブックマークに追加
秋山訓子AERA
介護リーダーになった金宇キさん(右)は、お年寄りと同じ目線で話すことを心がけている(撮影/写真部・小黒冴夏)

介護リーダーになった金宇キさん(右)は、お年寄りと同じ目線で話すことを心がけている(撮影/写真部・小黒冴夏)

創設者の片山さん(右)と理事長の足立さん。片山さんはもともと老舗の青果店に嫁ぎ、そこから起業した異色の経歴だ(撮影/写真部・小黒冴夏)

創設者の片山さん(右)と理事長の足立さん。片山さんはもともと老舗の青果店に嫁ぎ、そこから起業した異色の経歴だ(撮影/写真部・小黒冴夏)

 介護職を中心に17カ国約50人の外国人スタッフを雇う社会福祉法人が神奈川県にある。採用に技能実習生は活用しておらず、直接雇用だという。AERA 2020年3月2日号では、この社会福祉法人で働く上海出身のスタッフの日常やグローバル化に至る歴史をたどった。

【写真】「クロスハート幸・川崎」創設者の片山さんと理事長の足立さん

*  *  *
「こんにちは、今日はお天気が良くていいですね」

 金宇キ(きん・うき/キは王へんに奇)さんが笑顔で話しかけると、お年寄りがほほ笑み返す。JR川崎駅から車で5分ほどのところにある特別養護老人ホーム「クロスハート幸・川崎」。

 介護職として働く金さんは中国・上海出身の33歳。父がもともと日本に働きに来ており、その縁で20歳の時に日本に留学した。語学学校や大学を卒業して、新卒で2014年に施設の運営母体である社会福祉法人伸こう福祉会に就職し、以来この施設で働き続けている。

 就職先にここを選んだのは、「介護主任も中国人で、ペルー出身者など外国人が多くいて、働きやすそうだったからです。他の会社にはそんなに多くの外国人はいませんでしたから」。

 日中関係は微妙な問題も抱える。不安はなかったのか。

「もちろんありました。お年寄りは日中戦争のこともあるし、中国人のことを嫌いかな?と思ったり」

 働き始めたらそんな不安は吹き飛んだ、という。

「逆に、利用者さんも自分が外国人であることを気遣ってくれました。『外国から来て大変ですね、がんばって』とか」

 とはいえ、最初の頃は、言葉の壁や文化の違いで戸惑ったこともあった。例えば、利用者に「『おひや』が欲しい」と言われた時、理解できなかった。中国にはそもそも、冷たい水を飲む習慣がないからだ。

 利用者と世代が違うため、言葉が理解できないこともあった。

「例えばスプーンという言葉は知っていましたが、『おさじ』を求められても理解できませんでした。方言も難しい」

 利用者から「日本語が上手ではないね」と言われたこともあったが、ほかの日本人スタッフに質問したりして克服した。昨年、「介護リーダー」に昇進したのだという。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい