「最初は『おひや』に戸惑った」 カルチャーギャップと奮闘する外国人介護スタッフ

2020/02/27 16:00

 介護職を中心に17カ国約50人の外国人スタッフを雇う社会福祉法人が神奈川県にある。採用に技能実習生は活用しておらず、直接雇用だという。AERA 2020年3月2日号では、この社会福祉法人で働く上海出身のスタッフの日常やグローバル化に至る歴史をたどった。

あわせて読みたい

  • 技能実習生はゼロ 17カ国約50人の外国人スタッフを雇用する社会福祉法人が重んじていること

    技能実習生はゼロ 17カ国約50人の外国人スタッフを雇用する社会福祉法人が重んじていること

    AERA

    2/28

    外国人だけじゃない! 老人介護施設で働く職員全員を助けるICTとは?

    外国人だけじゃない! 老人介護施設で働く職員全員を助けるICTとは?

    dot.

    11/24

  • 「吉原で修業してこい」介護現場のセクハラ被害 女性介護福祉士の苦悩

    「吉原で修業してこい」介護現場のセクハラ被害 女性介護福祉士の苦悩

    AERA

    5/23

    経済格差とミャンマーの“高齢者敬う文化” 「なぜ自分が介護しないのか」に実習生の答えとは

    経済格差とミャンマーの“高齢者敬う文化” 「なぜ自分が介護しないのか」に実習生の答えとは

    AERA

    1/6

  • マスク不足に人材不足も加速か “withコロナ”で困窮する介護の現場

    マスク不足に人材不足も加速か “withコロナ”で困窮する介護の現場

    週刊朝日

    6/14

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す