「三木谷オーナーも俺が教育する」 野村克也さんが楽天監督就任時に語っていた最後の野心 (2/4) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「三木谷オーナーも俺が教育する」 野村克也さんが楽天監督就任時に語っていた最後の野心

このエントリーをはてなブックマークに追加
福井洋平AERA#AERAオンライン限定
ファンから愛された野村克也さん。(c)朝日新聞社

ファンから愛された野村克也さん。(c)朝日新聞社

60分間、記者の質問に真摯に答えてくれた(アエラ編集部撮影)

60分間、記者の質問に真摯に答えてくれた(アエラ編集部撮影)

■「反発力」もらう矢先に

 対する「野村再生工場」は、万事が地味で、酒も飲まない。オールスターでセ・パの監督としてぶつかったとき、イチローを投手に起用した仰木氏に対して、打者・松井秀喜に投手の代打を送り、ファンサービスのためだけの変則勝負にのらなかったこともある。

「僕は彼のこと好きじゃなかったし、彼は僕のこと好きじゃなかったし……」

 だからこそ、26年ぶりのパ・リーグ復帰にあたりライバルと定めていたようで、仰木氏への対抗心というエネルギーをもらおうと思っていた矢先の訃報だったという。

 のっけから、亡くなった人の話ばかりで恐縮だが、楽天監督として新年を迎えた野村氏。昨年、38勝97敗(1分)と屈辱的な最下位を味わったチームを引き受けて、どんな勝算を弾いているのだろうか。他のメディアでは、60勝でプレーオフを、とも話しているが、

「それじゃあ出られないんでしょ。最低5割ないと。それを目指しますよ。しかし、寂しい話やね。戦力の差で勝てないというのが、フフフ、一番やっかい。ID野球を使う以前、まず足腰を鍛えるところからやね」

「エースと四番の手あて」が監督受託の条件だったにもかかわらず、その補強も進んでいない。FAで狙った左腕の野口は巨人にさらわれ、抑え候補にしたシコースキーには直前でキャンセルされている。清原、中村紀、江藤ら「大物」も、みんな他球団へ。前西武のフェルナンデスぐらいではねえ、というのが偽らざる気持ちだろう。

 唯一の期待、米メッツを退団した石井一久についても、

「無理でしょ。奥さん(元フジアナウンサーの木佐彩子さん)が東京にこだわっているらしい」

 と意外にあっさり。

 それじゃあ、とキャンプ目前、戦力分析をお願いするべく記者が用意した昨年のチームの個人成績表をおそるおそる見せたところ、

「これは一切見ないんですよ。逆に聞きたいけど、いい数字ありますか? チーム打率だけはリーグ5位らしいけどね。今は選手の情報をいれないようにしている。顔を知っているのは岩隈に、元阪神の沖原、吉田豊、ベテランの飯田、関川くらいかな」
 


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい