血液1滴のがん診断、実用化で何が変わる? 早期発見だけではない可能性

がん

2020/02/09 08:00

 血液1滴で13種のがん診断できる。そんな画期的な検査技術の実用化に向けて研究が進んでいる。AERA2020年2月10日号は、最新研究とその可能性を取材した。

あわせて読みたい

  • 「血液1滴、2時間」でがん判定 実用化に向けた課題とは?

    「血液1滴、2時間」でがん判定 実用化に向けた課題とは?

    週刊朝日

    1/6

    10ccの血液ががん治療を変える? 「リキッドバイオプシー」とは

    10ccの血液ががん治療を変える? 「リキッドバイオプシー」とは

    AERA

    2/8

  • がんの転移阻止に効果あり? 注目の「エクソソーム」を帯津医師が解説
    筆者の顔写真

    帯津良一

    がんの転移阻止に効果あり? 注目の「エクソソーム」を帯津医師が解説

    週刊朝日

    11/2

    医師も恐れるすい臓がん早期発見の可能性も がん治療を変える新手法

    医師も恐れるすい臓がん早期発見の可能性も がん治療を変える新手法

    AERA

    2/9

  • 結果、ほったらかしていない?血液検査をまじめに考えてみよう

    結果、ほったらかしていない?血液検査をまじめに考えてみよう

    tenki.jp

    9/22

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す