血液1滴のがん診断、実用化で何が変わる? 早期発見だけではない可能性 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

血液1滴のがん診断、実用化で何が変わる? 早期発見だけではない可能性

このエントリーをはてなブックマークに追加
古川雅子AERA#がん#ヘルス
血液中の「マイクロRNA」の強度を画像で解析している様子。リキッドバイオプシーの一つとして研究が進められている(写真:落谷孝広教授提供)

血液中の「マイクロRNA」の強度を画像で解析している様子。リキッドバイオプシーの一つとして研究が進められている(写真:落谷孝広教授提供)

リキッドバイオプシーのがん判別精度(AERA 2020年2月10日号より)

リキッドバイオプシーのがん判別精度(AERA 2020年2月10日号より)

 血液1滴で13種のがん診断できる。そんな画期的な検査技術の実用化に向けて研究が進んでいる。AERA2020年2月10日号は、最新研究とその可能性を取材した。

【血液1滴で診断できる!リキッドバイオプシーのがん判別精度】

*  *  *
 多種類のがんを早期発見する手段として注目を集めているのが、「リキッドバイオプシー(体液検査)」だ。使うのはわずか1滴の血液。日本では、乳がん、大腸がん、胃がん、食道がん、肝臓がん、肺がんなど13種類のがんを診断する技術研究が進められている。昨年12月、国立がん研究センター中央病院脳脊髄腫瘍科の大野誠さんがこんな発表をした。

 脳腫瘍がある人とない人、計580人の血液を調べたところ、特に頻度の高い悪性腫瘍である「グリオーマ」について、グリオーマに罹患している人の95%を「陽性」と判別できた。一方、がんに罹患していない人の97%を「陰性」と判別できた。

 この研究は、約6万にものぼる検体を調べた国の大規模研究プロジェクト「体液中マイクロRNA測定技術基盤開発」の一環で行われた。産学官連携の同プロジェクトには、国立がん研究センターや国立長寿医療研究センターなどを中心に、東レ、東芝をはじめとする企業も参画。14年から5年間にわたる基礎研究に区切りをつけたところだ。

 症状がない段階で、これほど精度が高く、体液で簡単な検査ができれば、がんの早期発見につながる可能性は高い。簡単な血液採取なら、CTやMRIなどに比べれば断然手軽だ。

 リキッドバイオプシーは世界で研究開発が進む分野だが、日本が進める研究の特徴は、「マイクロRNA」を用いている点にある。マイクロRNAは、細胞の発生など、さまざまな生体機能を調節している物質だ。がん化にも深く関わっているとされる。国の研究プロジェクトを統括した落谷孝広・東京医科大学医学総合研究所分子細胞治療研究部門教授によれば、がん細胞は、マイクロRNAを細胞の中で機能させるだけでなく、がん細胞が自分の生存をかけた「武器」としてそれを分泌しており、まわりの環境を整えたり、自分を攻撃する免疫細胞を抑制したりもするのだという。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい