「子どもへがんを伝える方法に正解はない」経験者はどう伝えたのか?

がん

2020/02/05 08:00

 がんは2人1人が経験するともいわれ、もはや珍しい病気ではない。もし身近な人にがんが見つかったらどうすればいいのか。AERA2020年2月10日号では「がんと家族」を特集。子どもにどう伝えたらいいのかを事例をもとに考える。

あわせて読みたい

  • 頭の良さより「思考力」と「表現力」 子ども将来に必須の二つの力

    頭の良さより「思考力」と「表現力」 子ども将来に必須の二つの力

    AERA

    12/14

    小林麻央さん乳がん公表 「若年性乳がん」は悪性で発見遅れるケースも

    小林麻央さん乳がん公表 「若年性乳がん」は悪性で発見遅れるケースも

    AERA

    6/14

  • 親を亡くした子どものケアはどうするべきか 家族、学校、周囲の大人にできること

    親を亡くした子どものケアはどうするべきか 家族、学校、周囲の大人にできること

    AERA

    7/3

    二つの乳房があったことを知らない子どものために 乳房再建を決意した女性

    二つの乳房があったことを知らない子どものために 乳房再建を決意した女性

    週刊朝日

    10/19

  • 原発不明がんでも治療できる? 希少がんとは?【今さら聞けないがんの疑問に答えます】

    原発不明がんでも治療できる? 希少がんとは?【今さら聞けないがんの疑問に答えます】

    dot.

    10/16

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す