ラッパー・Zeebra「タピオカと野沢菜の広がり方の違いに、時代の流れを感じるなぁ」 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ラッパー・Zeebra「タピオカと野沢菜の広がり方の違いに、時代の流れを感じるなぁ」

連載「多彩な野菜」

このエントリーをはてなブックマークに追加
ZeebraAERA#Zeebra
Zeebra(ジブラ)/東京を代表するヒップホップ・アクティビスト。ヒップホップ専門ネットラジオ局「WREP」では生放送「LUNCHTIME BREAKS」(平日12~14時)のMCを、テレビ朝日「フリースタイルダンジョン」(毎週火曜日深夜1時26分~)ではオーガナイザー兼メインMCを務める。WREPは専用アプリやPCから無料で視聴可能。スタジオの観覧もできる(撮影/品田裕美)

Zeebra(ジブラ)/東京を代表するヒップホップ・アクティビスト。ヒップホップ専門ネットラジオ局「WREP」では生放送「LUNCHTIME BREAKS」(平日12~14時)のMCを、テレビ朝日「フリースタイルダンジョン」(毎週火曜日深夜1時26分~)ではオーガナイザー兼メインMCを務める。WREPは専用アプリやPCから無料で視聴可能。スタジオの観覧もできる(撮影/品田裕美)

野沢菜/長野県下高井郡野沢温泉村を中心に栽培されてきた、アブラナ科の植物。信越地方の特産だが、第2次世界大戦後は全国的に栽培されるようになった。野沢菜漬けには「新漬」と「古漬」があり、新漬は浅漬けで鮮やかな緑色、古漬は乳酸発酵するまで漬け込んだものであめ色をしている。栄養面ではビタミンCやβカロテンが豊富。漬物として食べるほか、きざんで炒め物やチャーハンの具にするなど、活用の幅が広い。(撮影/写真部・松永卓也)

野沢菜/長野県下高井郡野沢温泉村を中心に栽培されてきた、アブラナ科の植物。信越地方の特産だが、第2次世界大戦後は全国的に栽培されるようになった。野沢菜漬けには「新漬」と「古漬」があり、新漬は浅漬けで鮮やかな緑色、古漬は乳酸発酵するまで漬け込んだものであめ色をしている。栄養面ではビタミンCやβカロテンが豊富。漬物として食べるほか、きざんで炒め物やチャーハンの具にするなど、活用の幅が広い。(撮影/写真部・松永卓也)

 ヒップホップ・アクティビストのZeebraさんが「AERA」で連載する「多彩な野菜」をお届けします。1997年のソロデビューからトップとしてシーンを牽引し続け、ジャンルや世代を超えて多くの支持を得ているZeebraさん。旬の野菜を切り口に、友人や家族との交流、音楽作りなど様々なエピソードを語ります。

【この記事の写真の続きはこちら】

*  *  *
 野沢菜と言えば漬物ですよね。子どもの頃は「スキーのお土産」というイメージでした。スキーは、小学生のころから親と一緒に行ったり、子ども向けの合宿みたいなのに行ったり。幼なじみで、今も付き合ってる某レーベルの社長が僕より2歳下で。僕が小6のときに一緒に合宿に行って、そいつに見張りをさせてちょっとした悪さをしていました。親元を離れて、いきがってたんです。

 今では東京でも普通に見ますよね。おかずに良しつまみに良し、弁当やチャーハンにも入っている。信州方面にスキーや観光に行って現地で食べたり、お土産でもらったりした人がその良さに気付いて、全国で根付いたんでしょう。

 今みたいにネットで一気にクチコミが広がる時代じゃないからよかったのかもしれません。カルロス・サンタナがYouTubeで「あいつはマジだ。本物だぜ」「No Tapioca」って言っていたんです。タピオカみたいな上っ面じゃない、ということですね。野沢菜みたいにじっくり愛されて定着する流れって、もう出てこないのかなぁ。

AERA 2020年1月27日号


トップにもどる AERA記事一覧

Zeebra

Zeebra(ジブラ)/東京を代表するヒップホップ・アクティビスト。1997年のソロデビューからトップとしてシーンを牽引し続ける行動力は他に類を見ない存在で、ジャンルや世代を超えて多くの支持を得ている。

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい