Snow Man結成から苦節8年 メンバーは「全員揃って完成するパズルのピース」「運命だった」 (1/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

Snow Man結成から苦節8年 メンバーは「全員揃って完成するパズルのピース」「運命だった」

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA
※写真はイメージ(gettyimages)

※写真はイメージ(gettyimages)

 1月22日、Snow Manがメジャーデビューする。グループ結成から8年、長く経験したジャニーズJr.時代には、苦労も転機もあった。だからこそ、今があるという。Snow Manが目指すデビューのその先とは?

【写真】かっこよすぎる!AERAの表紙を飾ったSnow Manはこちら

*  *  *
 デビュー曲「D.D.」のミュージックビデオでは、9人ぴったり息の合ったダンスとアクロバットを披露している。

岩本照(以下、岩本):チームワークはとてもいいと思います。一緒にいる時間も増えて、挑戦させてもらえる機会も増えてきた。本気で何かを作り上げたいという気持ちが、同じくらい強いんです。

佐久間大介(以下、佐久間):年齢や外見は関係なくて、志とパッションのレベルが同じなんだよね。

向井康二(以下、向井):仲のよさは自然に出てくるもの。それを説明するって、なぜ地球に人間がいるのかを証明するくらい難しいですよ。

目黒蓮(以下、目黒):めちゃめちゃカッコつけてる(笑)。

 グループの活動は2012年から。19年1月、向井と目黒、ラウールの3人が加入して現在の9人体制になった。

向井:最初に聞いたときは、「え、おれでいいの?」って。

目黒:もともとのファンの皆さんに、どうやったら認めてもらえるか、すごく考えました。結局、必死にやっている姿を見てもらうしかないなって。

ラウール:最初は環境の変化についていくので精一杯だったけど、覚悟も必要で。自分の努力にみんなの人生もかかっているから、責任感は芽生えました。

深澤辰哉(以下、深澤):僕らも最初は確かに戸惑いはあったんです。

岩本:でも、9人全員でステージに立った「滝沢歌舞伎ZERO」(19年)の瞬間に、気持ちが合った。

深澤:あの瞬間、「イケる!」と全員が思ったと思う。

阿部亮平(以下、阿部):運命だったよね。

佐久間:合わせようと意識したこともあったけど、ステージの上では対等だと思えたから、いまの形になれたんだと思います。

向井:僕ら9人は、実はパズルだったんじゃないかな。バラバラのピースが揃って完成した。

阿部:3人とも元いた場所があって、人生を変える大きな決断をしてくれたから、9人の歴史が始まったんです。パフォーマンス面でも9人だとすごく広がります。トークでのボケの幅も、その回収もね(笑)。

 グループのために心がけていることはあるのだろうか。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい