ゴーン被告が会見で日本政府関係者の実名を明かさなかった理由

AERAオンライン限定

2020/01/09 16:29

 保釈中にレバノンへ逃亡した日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告が8日、現地で記者会見を開いた。自らを正当化する一方、逮捕の背後にいたとされる日本政府関係者の実名など具体的な事実は明かさなかった。これは口止めされていたためだという。

あわせて読みたい

  • 「日産幹部と検察にハメられた」 ゴーン被告、逃亡先会見で幹部実名を公表

    「日産幹部と検察にハメられた」 ゴーン被告、逃亡先会見で幹部実名を公表

    週刊朝日

    1/9

    ゴーン被告“国外逃亡”の衝撃 追い詰められる日産経営陣

    ゴーン被告“国外逃亡”の衝撃 追い詰められる日産経営陣

    週刊朝日

    12/31

  • ゴーン被告の在日フランス人の友人らが明かすレバノンへの“逃亡劇”の全真相

    ゴーン被告の在日フランス人の友人らが明かすレバノンへの“逃亡劇”の全真相

    週刊朝日

    12/31

    ゴーン氏の情報小出し戦略でケリー被告を有罪にしようと焦る検察

    ゴーン氏の情報小出し戦略でケリー被告を有罪にしようと焦る検察

    週刊朝日

    1/19

  • ゴーン被告“逃亡”で15億円の保釈金は没収  東京地検、高検、最高検察庁まで召集「大晦日なのに」と恨み節

    ゴーン被告“逃亡”で15億円の保釈金は没収 東京地検、高検、最高検察庁まで召集「大晦日なのに」と恨み節

    週刊朝日

    12/31

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す