「苦しい時に口角上がる」 マラソン五輪代表鈴木亜由子が自分の殻を破るまで

2020東京五輪

2020/01/03 08:00

 2018年に長距離からマラソンに転向し、東京五輪代表に内定した鈴木亜由子選手。リオ五輪での雪辱を2020年に晴らすことはできるのだろうか。鈴木選手の東京五輪に向けての思いをAERA 2019年12月30日-2020年1月6日合併号で紹介する。

あわせて読みたい

  • 五輪本番よりも面白い? 一発勝負“混戦のマラソン代表争い”

    五輪本番よりも面白い? 一発勝負“混戦のマラソン代表争い”

    週刊朝日

    9/14

    疑惑、不公平はもう勘弁 一発勝負のマラソン五輪選考レースはいかにして生まれたか?

    疑惑、不公平はもう勘弁 一発勝負のマラソン五輪選考レースはいかにして生まれたか?

    dot.

    9/14

  • 箱根駅伝のキーワードは「東京五輪」 東海大、青山学院大、東洋大、駒大、国学院大の5強が争う

    箱根駅伝のキーワードは「東京五輪」 東海大、青山学院大、東洋大、駒大、国学院大の5強が争う

    週刊朝日

    1/2

    女子マラソン代表の残り1枠は? “名古屋の覇者が近い”説

    女子マラソン代表の残り1枠は? “名古屋の覇者が近い”説

    週刊朝日

    2/5

  • 伸び悩んだ選手も多い? 箱根駅伝のエースだった男たちの“その後”

    伸び悩んだ選手も多い? 箱根駅伝のエースだった男たちの“その後”

    dot.

    2/12

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す