16歳の新人YOSHI、明石家さんまを「さんちゃん」呼びした真意とは

2019/12/24 08:00

 SNSを通じ、10代の若者が一夜にして有名になることも珍しくなくなった。「今時の若者は──」という前に彼らのことを知ってほしい。フラットな視線で、自分の道を歩んでいる。AERA 2019年12月23日号から。

あわせて読みたい

  • 東京下町銭湯くまモンは4億円の広告効果?!過去には初音ミクとのコラボの大黒湯

    東京下町銭湯くまモンは4億円の広告効果?!過去には初音ミクとのコラボの大黒湯

    週刊朝日

    2/16

    早稲田理工卒のイラストレーター兼“番頭”? 塩谷歩波さんが描く「銭湯図解」の意外な魅力

    早稲田理工卒のイラストレーター兼“番頭”? 塩谷歩波さんが描く「銭湯図解」の意外な魅力

    dot.

    3/3

  • 未成年をも惑わす紗栄子の“魔力”はどこから来るのか 「一緒に飲むと好きになっちゃう」

    未成年をも惑わす紗栄子の“魔力”はどこから来るのか 「一緒に飲むと好きになっちゃう」

    dot.

    5/14

    神奈川出身ゆえの皮肉? Suchmos(サチモス)が会心の新作
    筆者の顔写真

    小倉エージ

    神奈川出身ゆえの皮肉? Suchmos(サチモス)が会心の新作

    週刊朝日

    6/22

  • コロナ禍で10億円の借金をしてライブハウスを次々開店 「一人もクビにしない」社長の経営哲学とは
    筆者の顔写真

    森朋之

    コロナ禍で10億円の借金をしてライブハウスを次々開店 「一人もクビにしない」社長の経営哲学とは

    dot.

    10/10

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す