「はやぶさ2」が持ち帰ってくるリュウグウの岩石に生命活動の「証拠」があったら?

福岡伸一の新・生命探検

AERAオンライン限定

2019/12/19 07:00

 2020年末、地球と火星のあいだに位置する小惑星リュウグウから、探査宇宙船はやぶさ2が帰還し、リュウグウの岩石サンプルを持ち帰ってくる。もしここに、メタンやエタン、アンモニア、さらに複雑な有機化合物である、糖、アミノ酸、核酸成分のようなものが発見されれば、大騒ぎになることは間違いない。糖、アミノ酸、核酸は生命活動の証拠になるからだ。

あわせて読みたい

  • 2025年大阪万博の目玉は「リュウグウの石」にすべき理由
    筆者の顔写真

    福岡伸一

    2025年大阪万博の目玉は「リュウグウの石」にすべき理由

    AERA

    12/5

    まるで現代の錬金術?! 温室効果ガス実質ゼロの鍵を握る「人工光合成」とは

    まるで現代の錬金術?! 温室効果ガス実質ゼロの鍵を握る「人工光合成」とは

    dot.

    1/2

  • 感染症医が教える「甘、辛、塩、苦」の四味に「うまみ」をもたらした「味の素」
    筆者の顔写真

    岩田健太郎

    感染症医が教える「甘、辛、塩、苦」の四味に「うまみ」をもたらした「味の素」

    dot.

    5/7

    富士フイルムの化粧品 開発リケジョのルーツにルパン?

    富士フイルムの化粧品 開発リケジョのルーツにルパン?

    AERA

    6/7

  • 「だしパック」は加熱しすぎてはダメ? 保育園で起きた奇怪な「ヒスタミン食中毒」

    「だしパック」は加熱しすぎてはダメ? 保育園で起きた奇怪な「ヒスタミン食中毒」

    dot.

    11/23

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す