「足りないのは感謝とガッツ」 意外とアツい16歳、YOSHIとは一体何者か? 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「足りないのは感謝とガッツ」 意外とアツい16歳、YOSHIとは一体何者か?

このエントリーをはてなブックマークに追加
福井しほAERA

 SNSに投稿された一枚の写真をきっかけに、映画主演まで果たした。新世代のスター、YOSHIさんがAERA 2019年12月23日号に登場した。

【画像】妖艶… AERA表紙を飾った菅田将暉さんはこちら

*  *  *
「今の世の中って、感謝とガッツが足りないんです。自分のために怒ってくれているのに、すぐふてくされる」

 昭和オヤジの嘆き、ではない。「フェイクの多い時代になった」と息巻くのはアーティストのYOSHI。2003年生まれの16歳だ。

 インスタグラムのフォロワーは約12万人(12月現在)。ファッションや音楽、アートが好き。13歳でルイ・ヴィトンのディレクター、ヴァージル・アブローに独自のファッションセンスを称賛され、モデルデビューを果たす。今年5月にはミュージシャンとしてアルバムをリリース、9月に公開された映画「タロウのバカ」では演技未経験ながら主役に抜擢され、菅田将暉(すだまさき)ら実力派俳優にも引けを取らない存在感を見せた。

「オーディションでは監督(大森立嗣(たつし))に『たっちゃん、いいね~! よろしくお願いします!』みたいな感じで会いに行って。なんか、僕からハートを感じるらしいんですよね。感じますか?」

 誰に対してもフラットで、気取らない。AERAの表紙フォトグラファー、蜷川実花を「実花ちゃん」と呼び、距離感ゼロで撮影に臨んだ。

「年齢やキャリアが違っても、同じ人間です。行動で相手に向き合いたいって思っています」

 ジミ・ヘンドリックス、カート・コバーン、矢沢永吉……。伝説的ミュージシャンの名前が次々に飛び出すが、10代にとってど真ん中ではもちろんない。当時のレコードや雑誌、映画から受け取った「熱狂」が、YOSHIを突き動かしている。

「何でも簡単に手に入った気になるから、ロマンが薄れてきた。それを思い起こさせるのが僕の役目かなと思っています」

(編集部・福井しほ)

AERA 2019年12月23日号


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい