小児医療の現場で寄付の呼び掛け増加 クラウドファンディングでドクターカー

2019/12/13 08:00

 小児医療の現場で、寄付で資金を集めるケースが増えている。寄付金が子どもたちのための医療設備の費用や必要な備品の購入にあてられる。だが、なぜ国の助成金や病院の予算でなく寄付に頼るのか。AERA 2019年12月16日号は、小児医療の実情を取材した。

あわせて読みたい

  • 「ずっと恩返しがしたかった」小児医療への寄付が持つ金額以上の価値

    「ずっと恩返しがしたかった」小児医療への寄付が持つ金額以上の価値

    AERA

    12/13

    「たとえ長く生きられなくても…」NICUで闘う赤ちゃんたち

    「たとえ長く生きられなくても…」NICUで闘う赤ちゃんたち

    AERA

    3/31

  • NICUの赤ちゃん「こんなに小さくて育つだろうか…」と責める母親への言葉がけ

    NICUの赤ちゃん「こんなに小さくて育つだろうか…」と責める母親への言葉がけ

    dot.

    7/5

    『コウノドリ』監修の新生児科医が職場初の男性育休取得で見えたものとは

    『コウノドリ』監修の新生児科医が職場初の男性育休取得で見えたものとは

    dot.

    2/16

  • 亡くなった我が子を抱きしめる… 後悔しないためにできること

    亡くなった我が子を抱きしめる… 後悔しないためにできること

    AERA

    2/23

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す