「すべて日本人ではない」の衝撃 厚労省の遺骨収集事業、体制自体に問題あり

2019/12/08 17:00

 遺骨収集事業を巡る厚生労働省の不祥事が止まらない。事業見直しのきっかけにもなった2010年のフィリピンでの遺骨混入事件に端を発し、今夏にはシベリアでも取り違えが発覚した。9年前、遺骨混入疑惑を最初に報じた記者が取材した。AERA 2019年12月9日号から。

あわせて読みたい

  • ミャンマーでは人骨を獣骨として廃棄 シベリア遺骨問題は「氷山の一角」

    ミャンマーでは人骨を獣骨として廃棄 シベリア遺骨問題は「氷山の一角」

    AERA

    12/9

    戦没者遺骨収集 DNA鑑定を不可能にする「焼骨」続けるありえない理由

    戦没者遺骨収集 DNA鑑定を不可能にする「焼骨」続けるありえない理由

    AERA

    12/10

  • フィリピン戦没者遺骨収集“日本人ゼロ”疑惑…厚労省が隠蔽した真実

    フィリピン戦没者遺骨収集“日本人ゼロ”疑惑…厚労省が隠蔽した真実

    AERA

    5/20

    辺野古埋め立てに沖縄戦激戦地の土砂採取は「戦没者への冒とくだ」 遺骨収集ボランティアの怒り

    辺野古埋め立てに沖縄戦激戦地の土砂採取は「戦没者への冒とくだ」 遺骨収集ボランティアの怒り

    AERA

    10/15

  • 「遺骨収集が続く現場から辺野古新基地建設用の土砂採取」に自民からも反対の声 背景に沖縄世論

    「遺骨収集が続く現場から辺野古新基地建設用の土砂採取」に自民からも反対の声 背景に沖縄世論

    AERA

    3/31

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す