元携帯ショップ店員が転職して約50人を「看取り」、それでも「天職」と言い切れる理由

2019/12/08 08:00

 在宅医療を受ける患者が増加するなか、看取りや死の現場に、異業種から飛び込む人が増えている。元携帯ショップ店員の女性は在宅医療を支える「在宅医療PA」に転職。人の死に直面する悲しい仕事という一面もあるが、それでも女性は「天職」だと話す。その理由は何なのか。AERA 2019年12月9日号では、在宅医療PAの仕事に迫った。

あわせて読みたい

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す