日韓GSOMIA破棄延期 なぜ両国で言い分が食い違うのか?

2019/12/05 10:00

 ギリギリで失効が回避された日韓のGSOMIA。だが、両国で主張が食い違い、かえって不信感が強まってしまった。双方の言い分は、なぜ噛み合わないのか。AERA 2019年12月9日号では、日韓と米国との関係を踏まえながら解説する。

あわせて読みたい

  • 韓国に「救命ブイを投げない」日本 GSOMIA延長巡りもがく文政権

    韓国に「救命ブイを投げない」日本 GSOMIA延長巡りもがく文政権

    AERA

    11/15

    米から在韓米軍駐留費「1ドルも譲らない」の声も GSOMIAが生んだ亀裂

    米から在韓米軍駐留費「1ドルも譲らない」の声も GSOMIAが生んだ亀裂

    AERA

    11/26

  • GSOMIA破棄もデメリットなし 安倍“制裁”外交の果て

    GSOMIA破棄もデメリットなし 安倍“制裁”外交の果て

    週刊朝日

    9/4

    文在寅の禁じ手「GSOMIA破棄」の狙いは“安倍外し” 素人集団の官邸外交に打つ手なし

    文在寅の禁じ手「GSOMIA破棄」の狙いは“安倍外し” 素人集団の官邸外交に打つ手なし

    dot.

    8/23

  • 日韓首脳会談の舞台裏 日本の期待を韓国が砕いた「文喜相法案」の攻防

    日韓首脳会談の舞台裏 日本の期待を韓国が砕いた「文喜相法案」の攻防

    AERA

    1/9

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す