アルコール業界の“希望の星” 国産とは違う「日本ワイン」が空前の量産体制へ (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

アルコール業界の“希望の星” 国産とは違う「日本ワイン」が空前の量産体制へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
福光恵,福井しほAERA#グルメ
9月開業の椀子ワイナリーはぶどう畑に囲まれた緩やかな傾斜地に立つ。重力でぶどうやワインを移動させる「グラビティ・フロー」を意識したつくりだ(撮影/編集部・上栗崇)

9月開業の椀子ワイナリーはぶどう畑に囲まれた緩やかな傾斜地に立つ。重力でぶどうやワインを移動させる「グラビティ・フロー」を意識したつくりだ(撮影/編集部・上栗崇)

【ぶどうの丘に10年越しの夢結実】シャトー・メルシャン 椀子ワイナリー/「木とステンレスの樽を使い分け味を作る」と話す小林弘憲ワイナリー長(上)と、「うちのメルローは食べてもうまい」と話す吉田弥三郎さん(右下)。内覧会ではテイスティングも(左下)(撮影/編集部・上栗崇)

【ぶどうの丘に10年越しの夢結実】シャトー・メルシャン 椀子ワイナリー/「木とステンレスの樽を使い分け味を作る」と話す小林弘憲ワイナリー長(上)と、「うちのメルローは食べてもうまい」と話す吉田弥三郎さん(右下)。内覧会ではテイスティングも(左下)(撮影/編集部・上栗崇)

 日本ワインをご存じだろうか。国産ワインとは違うことも。いま国内だけでなく世界からも注目され、各社が増産計画を打ち出す。AERA 2019年12月2日号の記事を紹介する。

【シャトー・メルシャン 椀子ワイナリーの写真はこちら】

*  *  *
「ウイスキーは世界で認められたことで広がった。同じことが日本ワインでもできると確信している。令和の時代を振り返ったとき、日本ワインが世界に羽ばたいているように」

 ここはワイン大手メーカー「メルシャン」が9月にオープンさせた「シャトー・メルシャン 椀子(まりこ)ワイナリー」(長野県上田市)。その内覧会で、同社の長林道生社長は、熱く語った。

 同社は他にも、桔梗(ききょう)ケ原(同県塩尻市、2018年9月)と勝沼(山梨県甲州市、19年8月に新セラー開業)の2ワイナリーを持つ。3番目となる椀子は、ぶどう畑「椀子ヴィンヤード」をオープンして以来10年以上をかけて開業を準備し、満を持してのオープンとなった。

 長林社長が語った「日本ワイン」は、いわゆる「国産ワイン」とは意味合いが違う。18年に施行された国税庁の「果実酒等の製法品質表示基準」、いわゆる「ワイン法」によって、「日本で醸造され、日本産のぶどうを100%使ったワイン」だけが「日本ワイン」と明確に定義されたのだ。国産ワインの中には、海外のぶどう果汁を日本で醸造する物もある。日本ワインは、限られた国産ワインだけが名乗れるブランドだ。

 その日本ワインはいま、人気が急上昇している。国税庁の調査では、14年に162万ケースだった出荷量が17年には173万ケースに。さらに、ワイナリーの数は18年3月末時点で303場にもなった。

 こうした人気を受けて、大手ワインメーカー各社も、日本ワインを絶賛増産中だ。メルシャンは、18年時点の日本ワインの販売数4.4万ケースを「26年には6万~7万ケースまで伸ばす」(同社を傘下に持つキリンホールディングス広報)という、強気の目標を設定。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい