アルコール業界の“希望の星” 国産とは違う「日本ワイン」が空前の量産体制へ

グルメ

2019/11/30 17:00

 日本ワインをご存じだろうか。国産ワインとは違うことも。いま国内だけでなく世界からも注目され、各社が増産計画を打ち出す。AERA 2019年12月2日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 「日本ワイン」はなぜおいしくなった? その背景にいたキーパーソンとは

    「日本ワイン」はなぜおいしくなった? その背景にいたキーパーソンとは

    AERA

    12/1

    北海道・奥尻島のワインがおいしいらしい。潮風の香りがする個性的な味わい!!

    北海道・奥尻島のワインがおいしいらしい。潮風の香りがする個性的な味わい!!

    tenki.jp

    9/4

  • 海外の濃縮果汁を水で薄めて発酵…それでも“日本のワイン”?

    海外の濃縮果汁を水で薄めて発酵…それでも“日本のワイン”?

    週刊朝日

    4/28

    第7次ワインブームが来た! 日本ワイン界の好循環とは

    第7次ワインブームが来た! 日本ワイン界の好循環とは

    週刊朝日

    4/28

  • グルジアワインを現地でぶどう作りから 挑む日本人女性

    グルジアワインを現地でぶどう作りから 挑む日本人女性

    AERA

    12/13

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す