<現代の肖像>真藤順丈 直木賞受賞作『宝島』が誕生するまでの苦悩と秘話

現代の肖像

2019/11/11 12:04

 作家の真藤順丈さんは、沖縄を舞台に描いた『宝島』で第160回直木賞を受賞。アメリカ統治下時代に活躍した「戦果アギヤー」を主人公にした物語は、地元沖縄でも高く評価された。何かに憑依されたかのように沖縄を取材し、「この小説で世界を変えるつもりで書いた」と言う真藤さん。しかし、7年の歳月をかけて書き上げた『宝島』は、苦悩と葛藤の連続だった。AERA 2019年11月18日号に掲載された「現代の肖像」から一部紹介する。

あわせて読みたい

  • 沖縄には「力強い民意」がある 直木賞作家が見た基地問題の現状とは?

    沖縄には「力強い民意」がある 直木賞作家が見た基地問題の現状とは?

    AERA

    3/22

    宝島

    宝島

    週刊朝日

    2/6

  • 「芥川賞」「直木賞」を続けて生んだ意外な大学とは? 受賞作家の出身校ランキング!

    「芥川賞」「直木賞」を続けて生んだ意外な大学とは? 受賞作家の出身校ランキング!

    dot.

    1/22

    芥川賞は現役大学生が受賞 芥川・直木賞歴代受賞者の出身大学ランキング

    芥川賞は現役大学生が受賞 芥川・直木賞歴代受賞者の出身大学ランキング

    dot.

    1/21

  • 「必ず光がある小説」書店員がセレクト 本のテーマは「世界が舞台」「戦争」「背中を押す」

    「必ず光がある小説」書店員がセレクト 本のテーマは「世界が舞台」「戦争」「背中を押す」

    AERA

    5/2

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す