アイデア出しに最適な時間があった! 体内時計で仕事効率化

2019/11/07 11:30

 仕事を効率的にこなすには、脳の特性に合わせた仕事内容が重要になってくる。起床後10~16時間となる夕方は疲れが蓄積しているが、意外にもアイデア出しに最適だという。AERA 2019年11月11日号に掲載された記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 起床直後は脳の覚醒度がピーク 優先すべき仕事の内容は?

    起床直後は脳の覚醒度がピーク 優先すべき仕事の内容は?

    AERA

    11/6

    昼食後の眠気は体内時計に関係 午後一番に避けるべき仕事とは?

    昼食後の眠気は体内時計に関係 午後一番に避けるべき仕事とは?

    AERA

    11/7

  • 「布団の中で羊を数える」は逆効果 質のよい睡眠をとる方法は?

    「布団の中で羊を数える」は逆効果 質のよい睡眠をとる方法は?

    AERA

    11/7

    「オンライン疲れ」の正体は“脳過労” 脳科学で考える「1日5分」効果的な解消法

    「オンライン疲れ」の正体は“脳過労” 脳科学で考える「1日5分」効果的な解消法

    AERA

    9/2

  • 人の2倍働くため「1日4時間睡眠」 脳科学的に非効率なワケ

    人の2倍働くため「1日4時間睡眠」 脳科学的に非効率なワケ

    AERA

    11/6

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す