ダウンタウン番組の放送作家が書き下ろし 心を軽くする、ポップな時代小説

2019/10/20 17:00

 放送作家の高須光聖さんによる『おわりもん』は、混迷の戦国時代、親も仕事も何もない「おわりもん」と揶揄されながら自由気ままに生きる五郎左衛門と又兵衛が、様々な人と出会い、事件に巻き込まれながら人生の大転換を生きていく様子を描いた時代小説だ。著者の高須さんに、同著に込めた思いを聞いた。

あわせて読みたい

  • タイで武勲をあげたサムライ 配下の“日本の負け組”たちも活躍

    タイで武勲をあげたサムライ 配下の“日本の負け組”たちも活躍

    週刊朝日

    7/8

    2021年「歴史・時代小説ベスト3」決まる 珠玉の3作品とは?

    2021年「歴史・時代小説ベスト3」決まる 珠玉の3作品とは?

    週刊朝日

    12/30

  • 松本幸四郎、栗原小巻が語る今も愛される「黄金の日々」の魅力
    筆者の顔写真

    植草信和

    松本幸四郎、栗原小巻が語る今も愛される「黄金の日々」の魅力

    dot.

    11/19

    一本のダンス動画との出会いから始まった、「かれ」の青春ストーリー

    一本のダンス動画との出会いから始まった、「かれ」の青春ストーリー

    AERA

    8/15

  • 主人公は自分の分身? 刑事・合田雄一郎の成長感じる人気シリーズ、高村薫最新作

    主人公は自分の分身? 刑事・合田雄一郎の成長感じる人気シリーズ、高村薫最新作

    AERA

    9/7

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す