東電「津波想定」引き下げるため圧力 東北電力のメールで明らかに

2019/10/03 08:00

 福島第一原発事故の東京電力旧経営陣の責任を問うた裁判で、次々と新たな事実が明らかになった。技術者たちが「対策不可避」と判断していたにも関わらず、経営陣が対策を先延ばしにしていた驚きの事実に加え、政府や国会の事故調査委員会の機能不全も改めて見えてきた。AERA 2019年10月7日号に掲載された記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 傍聴席から失笑も… 東電元副社長が法廷で驚きの発言を連発

    傍聴席から失笑も… 東電元副社長が法廷で驚きの発言を連発

    AERA

    10/23

    津波リスク「計算して大騒ぎするのを避ける」とのメモも 原発事故で国が隠し続けた真実

    津波リスク「計算して大騒ぎするのを避ける」とのメモも 原発事故で国が隠し続けた真実

    AERA

    10/11

  • 津波“無策3兄弟”の罪 東電元幹部初公判

    津波“無策3兄弟”の罪 東電元幹部初公判

    AERA

    6/28

    津波の計算求められ「40分抵抗」、逃げ切った東電…保安院も機能せず 原発事故「衝撃」の事実

    津波の計算求められ「40分抵抗」、逃げ切った東電…保安院も機能せず 原発事故「衝撃」の事実

    AERA

    10/10

  • 「チャレンジャー事故」と重なる…原発事故の実態が刑事裁判で判明

    「チャレンジャー事故」と重なる…原発事故の実態が刑事裁判で判明

    AERA

    10/3

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す