綿矢りさ「早稲田に入るとバンカラ気質になるというか」早大時代を語る

2019/09/14 10:00

 あらゆる分野で優秀な人材を輩出してきた早稲田大学と慶應義塾大学。第一線で活躍する卒業生がその魅力を語る。早稲田は作家・綿矢りささん、慶應は外交ジャーナリスト・手嶋龍一さん。AERA 2019年9月16日号に掲載された記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 健全性は早稲田、成長性は慶應 初の本格的財務分析で見えた「真の実力」

    健全性は早稲田、成長性は慶應 初の本格的財務分析で見えた「真の実力」

    AERA

    9/11

    綿矢りさ、夫は「シーサーに似てるかな」 結婚生活を語る

    綿矢りさ、夫は「シーサーに似てるかな」 結婚生活を語る

    週刊朝日

    12/24

  • 早稲田vs慶應、令和はどっちが有望? 徹底比較

    早稲田vs慶應、令和はどっちが有望? 徹底比較

    週刊朝日

    3/23

    芥川賞は現役大学生が受賞 芥川・直木賞歴代受賞者の出身大学ランキング

    芥川賞は現役大学生が受賞 芥川・直木賞歴代受賞者の出身大学ランキング

    dot.

    1/21

  • 「早慶戦はプロより尊い」早大野球部監督が部員に伝える精神とは?

    「早慶戦はプロより尊い」早大野球部監督が部員に伝える精神とは?

    AERA

    9/16

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す