小島慶子「痴漢レーダーに期待 痴漢を生み出す社会病理はもしかしたらあなたにも」 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

小島慶子「痴漢レーダーに期待 痴漢を生み出す社会病理はもしかしたらあなたにも」

連載「幸複のススメ!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
小島慶子AERA#小島慶子
小島慶子(こじま・けいこ)/エッセイスト。1972年生まれ。東京大学大学院情報学環客員研究員。近著に『幸せな結婚』(新潮社)。対談集『さよなら!ハラスメント』(晶文社)が発売中

小島慶子(こじま・けいこ)/エッセイスト。1972年生まれ。東京大学大学院情報学環客員研究員。近著に『幸せな結婚』(新潮社)。対談集『さよなら!ハラスメント』(晶文社)が発売中

8月1日、キュカが開発、発表した痴漢レーダー(https://chikanradar.qccca.com/)が注目を集めている。写真はキュカのnote(撮影/写真部・張溢文)

8月1日、キュカが開発、発表した痴漢レーダー(https://chikanradar.qccca.com/)が注目を集めている。写真はキュカのnote(撮影/写真部・張溢文)

 タレントでエッセイストの小島慶子さんが「AERA」で連載する「幸複のススメ!」をお届けします。多くの原稿を抱え、夫と息子たちが住むオーストラリアと、仕事のある日本とを往復する小島さん。日々の暮らしの中から生まれる思いを綴ります。

【キュカが開発、発表した痴漢レーダーはこちら】

*  *  *
 高校生のころ、夏休みの終わりは憂鬱(ゆううつ)でした。また満員電車での痴漢とのバトルが始まるのかと。30年経っても変わらぬ状況に暗澹(あんたん)たる気持ちになります。痴漢と、痴漢を作り出す社会に対する憤りは今も消えません。

 このほどキュカ(QCCCA)というプラットフォームが痴漢レーダー(ChikanRadar)を立ち上げました。ユーザーはLINEを友達登録し、痴漢被害にあったら「通報する」をタップ。位置情報を伝えることで、どの駅で痴漢被害が発生しているのかを可視化する仕組みです。集まったデータをもとに、鉄道会社や警察に働きかけて、警備強化や監視カメラ設置などを求めていくそうです。画期的な取り組みとして期待が集まっています。

 痴漢行為は必ずしも性衝動が原因ではなく、支配欲が動機とも言われます。強いストレスにさらされた男性が痴漢行為をやめられなくなる、依存症としての面があるというのです。『男が痴漢になる理由』(イースト・プレス)を書いた精神保健福祉士の斉藤章佳さんは、痴漢は男性優位社会の病理の表れだといいます。根底には“男らしさ”の呪縛や「女性は男性の“性”を受け入れなければならない」という男尊女卑的な社会通念があるのだと。斉藤さんは私の対談集『さよなら!ハラスメント』(晶文社)の中で「日本は“男尊女卑依存症社会”だ」と述べました。男尊女卑は男も女もむしばむ構造なのに、みんなやめたくてもやめられなくなっているのだという指摘には、思わず膝を打ちました。

 痴漢をなくすには、データで被害を可視化して対策を進めるのと同時に、根深い女性差別、女性嫌悪を取り除くことが重要です。またそんな被害妄想を……と思ったあなたが男性でも女性でも、心の中には痴漢を育む土壌があるかもしれないのです。

AERA 2019年9月2日号


トップにもどる AERA記事一覧

小島慶子

小島慶子(こじま・けいこ)/エッセイスト。1972年生まれ。東京大学大学院情報学環客員研究員。近著に『幸せな結婚』(新潮社)。対談集『さよなら!ハラスメント』(晶文社)が発売中

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい