産科医32時間連続勤務からの「働き方改革」 子育て医師も夜勤可能な仕組みとは?

病院

2019/08/25 08:00

 当直や呼び出しが多く、長時間労働の象徴でもあるお産の現場。世界トップの周産期医療を維持するためにも、医師の働き方や、産科医療体制の見直しが必要だ。

あわせて読みたい

  • 医療機関の「お産休止」に潜む過酷な産科医の労働実態

    医療機関の「お産休止」に潜む過酷な産科医の労働実態

    AERA

    8/25

    年収1600万円以上が約半数! 医者のリアルな「お金」と「仕事」

    年収1600万円以上が約半数! 医者のリアルな「お金」と「仕事」

    週刊朝日

    3/6

  • 女医たちにとって医師の世界は「10年遅れの男性社会」

    女医たちにとって医師の世界は「10年遅れの男性社会」

    AERA

    9/27

    医学部不正入試、月300時間労働の医師の過酷さが背景 変えるべきは働き方

    医学部不正入試、月300時間労働の医師の過酷さが背景 変えるべきは働き方

    AERA

    12/30

  • 出産「漠然といつか」は男女ともハイリスク 婦人科医師に聞く「出産・育児タイミング」

    出産「漠然といつか」は男女ともハイリスク 婦人科医師に聞く「出産・育児タイミング」

    AERA

    2/16

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す