「理科が苦手だった娘がサイエンス部に…」プログラミングが人生を変える? (1/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「理科が苦手だった娘がサイエンス部に…」プログラミングが人生を変える?

連載「61歳の新入社員 元校長のプログラミング教育奮闘記」

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA#教育#福田晴一
福田晴一(ふくだ・はるかず)/昭和31(1956)年、東京都生まれ。みんなのコード学校教育支援部主任講師、元杉並区立天沼小学校校長。約40年の教員生活を経て、2018年4月NPO法人「みんなのコード」に入社。61歳で新入社員となる。2020年度からの小学校におけるプログラミング教育必修化に向け、指導教員を養成すべく、全国を東奔西走中

福田晴一(ふくだ・はるかず)/昭和31(1956)年、東京都生まれ。みんなのコード学校教育支援部主任講師、元杉並区立天沼小学校校長。約40年の教員生活を経て、2018年4月NPO法人「みんなのコード」に入社。61歳で新入社員となる。2020年度からの小学校におけるプログラミング教育必修化に向け、指導教員を養成すべく、全国を東奔西走中

4年生女子の自由研究作品(写真/著者提供)

4年生女子の自由研究作品(写真/著者提供)

 61歳で公立小学校の校長を定年退職した福田晴一さんが「新入社員」として入社したのはIT業界だった! 転職のキーワードは「プログラミング教育」。全国を教員研修で回っているうちに63歳となった。今回は、プログラミング教育を受けた子どもたちのエピソードを紹介したい。

【福田さんが思い出す、4年生の女子自由研究作品はこちら】

*  *  *
 いよいよ夏休み。夏休みといえば、「自由研究」に苦慮するご家庭も多いだろう。ちなみに私、校長現役時代は「校長先生の自由研究」として毎年貯金箱を制作していた。子供達に自由研究を課題に出しているからには自分も……と、毎年それなりに真剣だった。

 1年目は、ウィスキー角瓶のカドをひたすらガラス削りで削って、お金を入れる穴を作り、ガラス製の貯金箱に。手に豆が三つできました。2年目は、1年目と同じ角瓶のデザインの貯金箱を木工でトライ。3年目は、また同じデザインにして今度は革細工で。町会長が革細工の師匠さんなので、数日間通って仕上げた本格派(?)。子供達からは、『校長先生の自由研究=貯金箱』という市民権を得ていたようだ。

 さて、夏休みの自由研究というと、3年前、私が校長在職中の4年生女子(現在、中学1年生)の作品を思い出す。

 2学期はじめの始業式は、多くの児童が「夏休みの自由研究」として、立体工作や絵日記、旅行記、研究レポートを大きな袋に入れたりして持参してくるが、彼女の作品は、自分で作ったゲーム『scratch オリジナルゲーム』だったのだ。スケッチブックに制作の様子やスクリプト(フログラミング)を示したものを提出してきた。

 幸い、学校には多くの端末が配備されていたので、彼女の制作したゲームを実装し、体験できるように展示した(これだけでも、画期的な事だ)。

 ゲームの内容は、以前流行った「イライラ棒」を画面上で扱うようなスタイルだが、背景画面から登場するキャラクター全てがオリジナル。操作は簡単だがストーリー性がある。音も入り、シューティングもあり、なかなかゴールできないゲームとなっていた。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい