男の子はパイロットで女の子はケーキ屋さんって古いんじゃ? 小さい子どもにこそジェンダーフリー教育を

帰国ママのバイリンガル子育て奮闘記

AERAオンライン限定

2019/07/16 07:00

 先日、日本の教育番組を鑑賞していたところ、んんん?!と思わず二度見してしまう描写がありました。

あわせて読みたい

  • 「男の子には成功を」「女の子には幸せを」と暗示をかける?日本の子育て本 アメリカの育児書は逆をいく
    筆者の顔写真

    大井美紗子

    「男の子には成功を」「女の子には幸せを」と暗示をかける?日本の子育て本 アメリカの育児書は逆をいく

    AERA

    10/1

    子ども向け伝記のラインナップから見える「女らしさ」とは? 日本は「愛の天使」、アメリカは「強い先駆者」
    筆者の顔写真

    大井美紗子

    子ども向け伝記のラインナップから見える「女らしさ」とは? 日本は「愛の天使」、アメリカは「強い先駆者」

    AERA

    10/15

  • 男の子がピンクなんて…と言われたら親はどう答える? 男子を子育て中の専門家がアドバイス

    男の子がピンクなんて…と言われたら親はどう答える? 男子を子育て中の専門家がアドバイス

    AERA

    7/16

    「世界を変える30歳未満」斎藤明日美 ジェンダー格差解消に挑むきっかけをくれた女子校時代

    「世界を変える30歳未満」斎藤明日美 ジェンダー格差解消に挑むきっかけをくれた女子校時代

    dot.

    6/26

  • 「くん」「ちゃん」「さん」のどれで呼ぶ? 英語では起こりにくい、日本語ならではの子どもの敬称問題
    筆者の顔写真

    大井美紗子

    「くん」「ちゃん」「さん」のどれで呼ぶ? 英語では起こりにくい、日本語ならではの子どもの敬称問題

    AERA

    7/12

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す