事案発生4日後に届いても… 不審者情報メールの問題点と「正しく怖がる」知恵

2019/06/29 11:30

 子どもの安全のために登録する保護者も多い「不審者情報メール」。 だが、いざという時に対処できないという使い勝手の悪さも指摘される。

あわせて読みたい

  • 川崎殺傷事件で急増「不審者情報メール」 大阪が断トツ多い理由とは?

    川崎殺傷事件で急増「不審者情報メール」 大阪が断トツ多い理由とは?

    AERA

    6/29

    子どもの危険を避けるには「不審者」より「場所」

    子どもの危険を避けるには「不審者」より「場所」

    AERA

    4/27

  • 迷子?と思っても「声がかけられない」 善意の声かけが難しくなった弊害

    迷子?と思っても「声がかけられない」 善意の声かけが難しくなった弊害

    dot.

    6/12

    不審者は「黒いサングラス」じゃない 危ない隣人から子どもを守るには?

    不審者は「黒いサングラス」じゃない 危ない隣人から子どもを守るには?

    週刊朝日

    10/2

  • 「死にたい」ツイートに注目、支援へ 悩める子どもに手を差し伸べる取り組み

    「死にたい」ツイートに注目、支援へ 悩める子どもに手を差し伸べる取り組み

    AERA

    1/31

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す