発達障害を持つ人を積極採用の職場にヒント 求められる環境整備とは?

発達障害

2019/06/22 08:00

 職場で大人の発達障害の模索が続いている。職場に隠したまま働く「クローズ就労」に悩む当事者、そして彼らと働く人々の苦労もある。そんな中、発達障害の人を積極的に採用する職場が存在する。「共生」に必要なヒントがあった。

あわせて読みたい

  • 「発達障害」職場で伏せざるを得ない窮状、周囲も疲弊…「働きやすさ」どうすれば

    「発達障害」職場で伏せざるを得ない窮状、周囲も疲弊…「働きやすさ」どうすれば

    AERA

    6/21

    VRで大人の発達障害の「働きづらさ」を支援 ビジネス講座より実践的なワケ

    VRで大人の発達障害の「働きづらさ」を支援 ビジネス講座より実践的なワケ

    AERA

    7/4

  • 「雑談が苦痛です」発達障害の当事者同士が語り合う 脳のクセと社会との溝をどう埋めるか

    「雑談が苦痛です」発達障害の当事者同士が語り合う 脳のクセと社会との溝をどう埋めるか

    AERA

    5/23

    採用面接ではわからない発達障害 高学歴な人も多数

    採用面接ではわからない発達障害 高学歴な人も多数

    AERA

    9/28

  • ADHDと診断された営業マンが明かす当事者のリアルとは?

    ADHDと診断された営業マンが明かす当事者のリアルとは?

    BOOKSTAND

    8/20

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す