川崎殺傷「笑顔いっぱいであいさつ」「編入希望生に学校のいいところを説明」 校長らが会見で栗林華子さんしのぶ 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

川崎殺傷「笑顔いっぱいであいさつ」「編入希望生に学校のいいところを説明」 校長らが会見で栗林華子さんしのぶ

このエントリーをはてなブックマークに追加
川口 穣AERA#川崎殺傷
記者会見をした齋藤哲郎学校法人カリタス学園理事長、内藤貞子カリタス小学校校長、倭文覚教頭(左から)(撮影/川口 穣)

記者会見をした齋藤哲郎学校法人カリタス学園理事長、内藤貞子カリタス小学校校長、倭文覚教頭(左から)(撮影/川口 穣)

 川崎市多摩区の路上で28日朝、私立カリタス小学校の児童らが男に刃物で襲われ、19人が死傷した事件を受け、同小の内藤貞子(ていこ)校長らが午後6時20分すぎから記者会見を開いた。

【写真】事件現場。7時台は5本のバスが走り、通学のピークタイムだった

 この事件では、6年生の栗林華子さん(11)と、別の児童の保護者で外務省職員の小山智史さん(39)が亡くなり、児童16人が負傷した。

 内藤校長は「(亡くなった栗林さんは)おはようと声をかけると、笑顔いっぱいで『先生おはようございます』と返してくれるお子さんでした。本当に信じられません。今日も元気のいいあいさつが聞けるかなと思っていました」と声を詰まらせた。

 倭文覚(しとり・さとる)教頭も、涙ぐみながら栗林さんをしのんだ。倭文教頭が編入希望の児童と両親を連れ、校内を案内していたとき、休み時間だった栗林さんらが声をかけてきたという。「今度、編入したいって言っている子なんだ」と説明すると、栗林さんは笑顔で学校のことを説明したという。

「カリタス学園に来れば外国語をたくさん勉強できるよ、とか、宿泊学習が楽しいよとか、学校のいいところを笑顔いっぱいで話してくれていました。それが、あの子の最近の出来事で一番忘れられません」

 同校は31日まで休校する。再開後は外部のカウンセラーらの協力も仰ぎながら、児童のケアに全力であたるという。(編集部・川口 穣)

※AERAオンライン限定記事


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい