小学校高学年で教科担任制導入の動き 教師や保護者が歓迎する理由は…

教育

2019/05/11 16:00

 小学校高学年の一部の教科を「教科担任制」にする動きが全国で広まりつつある。20年度の教育改革への対応や、小学校教師の過重労働軽減などのメリットもあり、現場からは歓迎の声があがっている。

あわせて読みたい

  • コロナ禍で小学校教師の“うつ”が増加中? 親の“正義”からも苦しめられ

    コロナ禍で小学校教師の“うつ”が増加中? 親の“正義”からも苦しめられ

    週刊朝日

    11/13

    給食費を払わずに高価なブランド服を着させて… 教師が語る「集金」「ブラック部活」の現実

    給食費を払わずに高価なブランド服を着させて… 教師が語る「集金」「ブラック部活」の現実

    dot.

    3/29

  • 世界から後れをとる日本の性教育 「寝た子を起こすな的なクレーム」も

    世界から後れをとる日本の性教育 「寝た子を起こすな的なクレーム」も

    AERA

    5/28

    小学校の「プログラミング教育」と「調理実習」の意外な関係
    筆者の顔写真

    福田晴一

    小学校の「プログラミング教育」と「調理実習」の意外な関係

    AERA

    3/13

  • 教師をもう続けられない…3万人が残業隠しの「変形労働時間制」に悲鳴と怒り

    教師をもう続けられない…3万人が残業隠しの「変形労働時間制」に悲鳴と怒り

    AERA

    10/19

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す