大変さもアクシデントも経験値 月9撮影中の窪田正孝が語る「ケガの功名」 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

大変さもアクシデントも経験値 月9撮影中の窪田正孝が語る「ケガの功名」

このエントリーをはてなブックマークに追加
坂口さゆりAERA
俳優・窪田正孝(撮影/遠崎智宏)

俳優・窪田正孝(撮影/遠崎智宏)

 平成最後の月9「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」に主演する窪田正孝さんがAERAに登場。演じることへの思いについて、話を聞いた。

*  *  *
 見えない磁場を背負っているかのように、人を引きつける。最近のドラマでいえば、例えば「ヒモメン」。軽蔑の対象でしかないクズ男に“負けた”と思った。くるくる変わる表情、体全体から滲み出る愛情。ダメダメと思いつつもついつい引き寄せられていく。

 カメレオン俳優とも称される窪田だが、これまで一番大変だった役はドラマ「デスノート」の夜神月(やがみライト)だという。「どんどん人を殺し、自分の曲がった大義へと進んでいく」キャラクターは、「精神的にキツかった」だけでなく、映画の撮影も重なり、物理的にも過酷だった。だが、

「その大変さがあったから、今それが経験値になっている。『デスノート』だけではありませんが、一作一作全力で向き合うとその分、全力で返ってくる『何か』がありました」

 努力は裏切らない──。今春6年ぶりに出演した「唐版 風の又三郎」も全力投球。「癖になりそうな」ほど充実した舞台になったが、右足を負傷。主演ドラマ「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」の撮影開始直後のアクシデントだったが、やはり「何か」は起こった。窪田が演じるのは天才的な放射線技師。アクシデントは一転、自らMRIを撮られる貴重な体験になった。

「ケガで役者生活に支障が出たらどうしようとか、閉所恐怖症なので検査の不安があったんですが、若い技師さんが『人と人』という感じでとても優しく接してくださり印象に残りました。怪我の功名ではないですが、今回この体験を一番のキモにしたいと思っています」

(フリーランス記者・坂口さゆり)

AERA 2019年4月22日号


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい