5円から投資できる! 政府も普及支援「おつり投資」って? 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

5円から投資できる! 政府も普及支援「おつり投資」って?

このエントリーをはてなブックマークに追加
大西洋平,中島晶子AERA
※写真はイメージです(写真:gettyimages)

※写真はイメージです(写真:gettyimages)

「投資」と聞くと多く人にとって馴染みがないだけにハードルが高い。生活に身近な「おつり」で手軽にできたとしたらどうだろう。実はそんな投資サービスが動き出している。節約アドバイザーの丸山晴美さんに実情を聞いた。

*  *  *
「おつり投資」とは、買い物のつり銭が自動的に運用されるサービスだ。登録したクレジットカードや電子マネーの利用で発生したおつり(利用金額の端数)を毎月まとめて投資してくれる。

 おつり投資サービスの代表格が「トラノコ」というスマホアプリ(月額利用料300円)。運営会社のトラノテックをはじめとする4社が立ち上げた「リアルおつり投資」プロジェクトは、金融庁による「フィンテック実証実験ハブ」の支援案件に選ばれた。試験的1号機の「おつり投入ボックス」は丸の内センタービルに今春設置予定。

 おつり投資普及のため、大手コンビニも立ち上がった。1月31日、セブン-イレブンにATMを設置するセブン銀行がトラノテックに20億円を出資、持ち分法適用会社として提携した。

「5円以上1円刻みという、まさに小銭で投資できるのが、おつり投資のメリットです。忘れた頃に増えているパターンを願って始めてみては」(丸山晴美さん)

 たとえ5円でも投資が怖いという人は、「しらたま」や「フィンビー」などの貯金アプリを試してみよう。目的や目標金額、ルールを設定すると、それに沿ってコツコツ貯められるサービスだ。2019年1月11日時点で「フィンビー」を通じた累計貯金額は30億円に達している。(ジャーナリスト・大西洋平、編集部・中島晶子)

AERA 2019年2月25日号


トップにもどる AERA記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい