ビジネスエリートになぜ「アート鑑賞」が必要か (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ビジネスエリートになぜ「アート鑑賞」が必要か

このエントリーをはてなブックマークに追加
澤田憲AERA
【はたらける美術館】絵画鑑賞プログラム「ART for BIZ」は、美術教育学者の奥村高明・日本体育大学教授の監修の下、独自に開発。「10分間、一緒に絵を見て話すだけで、1回ご飯に行ったような親密さで話ができる」と好評だという。左の写真の左端が東里さん(撮影/篠塚ようこ)

【はたらける美術館】絵画鑑賞プログラム「ART for BIZ」は、美術教育学者の奥村高明・日本体育大学教授の監修の下、独自に開発。「10分間、一緒に絵を見て話すだけで、1回ご飯に行ったような親密さで話ができる」と好評だという。左の写真の左端が東里さん(撮影/篠塚ようこ)

左端が東里さん(撮影/篠塚ようこ)

左端が東里さん(撮影/篠塚ようこ)

 アートとビジネス。一見すると無関係にように見える二つだが、アートを知ることが、ビジネスで新たな発想を生むきっかけにもつながるという。

【この記事の写真をもっと見る】

*  *  *
 壁にかけられた一枚の絵を、スーツ姿の男女が見つめている。

「この絵は、何を描いているように見えますか?」

「はたらける美術館」館長の東里雅海(あいざとまさみ)さん(25)が、2人に問いかける。しばしの沈黙の後、男性は「うなぎ」と口を開いた。

「ヌメヌメしている感じとか、頭としっぽがくっついて丸くなっている印象を受けますね」

 一方、隣の女性は「食べ物にしか見えない」と答える。

「私には、ゴマ団子を半分に切った断面に見えますね」

 東里さんは、2人の出した答えに「なるほど」とうなずく。

「過去には、ドーナツや目玉焼きと言う方もいました。全員同じ絵を見ているはずなのに、人によって注目する部分も受け取るイメージも全く違う。面白いですよね」

 はたらける美術館は、東京・渋谷の住宅街にひっそりとある個室型のワークスペースだ。その名の通り、本物の美術作品に囲まれた部屋を借りて仕事ができる。希望すれば「ART for BIZ」という対話型の絵画鑑賞プログラムも受けられる。

 前述の2人は「ART forBIZ」を体験したANAシステムズの西山久美子さん(50)と稲垣陽一さん(39)。今回、仕事の打ち合わせで利用したという西山さんは、「普段とは違う環境に身を置くことで、新しい着想を得られる気がする」と語る。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい