開成高校の「学校行事が多い理由」が深イイ! 子育てに応用も (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

開成高校の「学校行事が多い理由」が深イイ! 子育てに応用も

このエントリーをはてなブックマークに追加
川口穣AERA
柳沢幸雄(やなぎさわ・ゆきお)/1947年生まれ。東京大学名誉教授。2011年から開成中学校・高校の校長を務める。11月に新刊『男の子を伸ばす母親が10歳までにしていること』(朝日新聞出版)が発売予定(撮影/慎芝賢)

柳沢幸雄(やなぎさわ・ゆきお)/1947年生まれ。東京大学名誉教授。2011年から開成中学校・高校の校長を務める。11月に新刊『男の子を伸ばす母親が10歳までにしていること』(朝日新聞出版)が発売予定(撮影/慎芝賢)

 進学校のイメージが強い開成中・高だが、学校の活動は勉強一辺倒ではない。

「学校行事でも、部活でも、自分がやりたいことに存分に取り組める環境を用意しています」

 開成ではボートレースや運動会など多様な学校行事が年間スケジュールに緻密に組み込まれ、中学・高校の6学年が一致して取り組む。70を超える部活動・同好会も盛んだ。ボート部は昨年、全国高校選抜に出場した。サッカー部には200人近い部員がいて、都の中学大会などで活躍している。数学五輪や情報五輪などで好成績を収める生徒もいる。

「やりたいことに自由に取り組め、勉強以外でも抜きんでた生徒が一目置かれる。評価の軸が多様なのが開成のマインドです」

 開成中に入学する生徒は、小学校時代は成績がトップクラスだった子ばかり。しかし、入学して2カ月半後にある中間試験では、クラス内で明確な成績の順位がついてしまう。

「生徒の中には、それまで見たこともないような順位になってしまう子もいます。その生徒たちに劣等感を抱かせず、どう乗り越えさせるかは、最も重点を置いて取り組んでいる教育です」

 だからこそ、生徒に勉強だけではない多様な居場所をつくっているのだという。

 子育てでも、ポイントは同じ。

「本来、子どもは千差万別。我が子の成長が他より少し遅かったり、周りと違ったりするのは不安でしょう。でも、子どもが笑顔で、親にまとわりついてきて、そして体重が増えていれば何も心配することはありません。子育ては大成功です」

(編集部・川口穣)

AERA 2018年10月29日号より抜粋


トップにもどる AERA記事一覧

あわせて読みたい あわせて読みたい