孤独を苦に自殺 独身者より一度家庭を持った男性の方が多い理由

2018/09/04 11:30

 人生100年の時代と言われて久しく、既婚・未婚に関係なく、一人一人が「ソロで生きる力」が必要な世の中が到来しようとしている。博報堂ソロもんLABO・リーダーで『超ソロ社会』『結婚しない男たち』などの著書がある独身生活者研究の第一人者・荒川和久氏に、そんな時代の「ソロ力」の養い方について聞いた。

あわせて読みたい

  • 実は江戸も「超ソロ社会」! シェア、アイドルも存在の江戸時代に学ぶべきこと

    実は江戸も「超ソロ社会」! シェア、アイドルも存在の江戸時代に学ぶべきこと

    週刊朝日

    1/15

    人口の半分が独身に! 2035年にやってくる「超ソロ社会」とは?

    人口の半分が独身に! 2035年にやってくる「超ソロ社会」とは?

    週刊朝日

    1/15

  • 「リアルすぎて参加できない」という独身男性も… “ソロ本”テーマの読書会に潜入

    「リアルすぎて参加できない」という独身男性も… “ソロ本”テーマの読書会に潜入

    AERA

    9/4

    「未婚と既婚」に立ちはだかる「3.68人の壁」の正体

    「未婚と既婚」に立ちはだかる「3.68人の壁」の正体

    東洋経済

    8/10

  • ソロ社会を乗り切る!「孤独死を恐れない10カ条」

    ソロ社会を乗り切る!「孤独死を恐れない10カ条」

    週刊朝日

    7/29

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す