コンセプトは“100年続く本屋” 店主の魅力が生きる個人書店たち

読書

2018/08/21 16:00

 全国で書店が減り続けるなか、個人書店の新たな挑戦が始まっている。大手書店を退職して念願の店を持つこともあれば、50代後半で経験ゼロのまま始めてしまう人もいる。魅力的な本屋には必ず、店主の魅力的なストーリーがある。

あわせて読みたい

  • 古書店主には長生きが多い? 神保町の不思議

    古書店主には長生きが多い? 神保町の不思議

    週刊朝日

    7/3

    さよならABC六本木、38年の歴史に幕

    さよならABC六本木、38年の歴史に幕

    AERA

    6/9

  • 世界に名だたる本の街、神田神保町の魅力

    世界に名だたる本の街、神田神保町の魅力

    tenki.jp

    11/27

    パン屋の本屋、韓国本専門も 「御書印」のユニーク書店4選

    パン屋の本屋、韓国本専門も 「御書印」のユニーク書店4選

    週刊朝日

    8/3

  • 推し本が並ぶ書棚は「自己表現の場」 有名作家や書評家の「体験」が買えるユニークな書店オープン

    推し本が並ぶ書棚は「自己表現の場」 有名作家や書評家の「体験」が買えるユニークな書店オープン

    AERA

    4/10

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す