沢尻エリカ「憑依型」の演技で弊害も? “役落とし”の必要性語る 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

沢尻エリカ「憑依型」の演技で弊害も? “役落とし”の必要性語る

このエントリーをはてなブックマークに追加
まつざきみわこAERA

 公開中の映画「猫は抱くもの」が、6年ぶりの主演作となった沢尻エリカ。これまで、難しい役どころを演じ分け高く評価されてきた演技力には秘密があった。

 6月23日、沢尻エリカが主演を務めた映画「猫は抱くもの」が公開された。演じたのは、スーパーで働く元アイドルの主人公・沙織。ある意味「地味」ともいえるこの役柄に、沢尻を起用した犬童一心監督は、試写会の舞台挨拶でこう語った。

「作品のクライマックスでグルーヴを創り出す、沢尻さんの『野蛮さ』とも言える強烈なパワーが欲しかった」

 そんな犬童監督が観て、「沢尻さんを心から尊敬した」という主演映画「ヘルタースケルター」から6年。役に集中しすぎて、日常生活まで役に染まってしまう「憑依型」のスタイルは変わらないようだ。

「自分では意識していないのですが、役柄によって印象がまったく違うと言われることは多いです。『ヘルター~』のような役の時は、普段も怖くなるから嫌だ。いい子の役だけやってほしい、って」

 そう笑うと、「役を引きずることなく、コントロールできるようになるのが課題」と話す。自分がなくなるまで役に染まってしまうから、作品と作品の間には、それまでの役を自分から追い出す「役落とし」の期間が必要だそうだ。

「別に何をするわけでもないんです。友達と温泉に行ったり、トレーニングしたり。前回の作品を忘れて、自分を取り戻す時間。この期間なしに、次の作品に取り掛かることはできません」

 役作りにはどんなポリシーが?

「役作りはほとんどしないんです。むしろ、監督が求めることにいつでも応えられるように、あえてまっさらな状態で現場に入るようにしています。内面は、自分で決め込みすぎないことが大事」

 今は毎日が楽しくて仕方ない。

「『自分は自分』と考えられるようになってから、仕事もプライベートも全部が楽しい。これからも、ますます楽しくなる予感がしています」

(ライター・まつざきみわこ)

AERA 2018年7月2日号


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい