アラフォーママは気を使われる? 「年下ママ友」と円満な関係を築くコツ (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

アラフォーママは気を使われる? 「年下ママ友」と円満な関係を築くコツ

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA
ママ友とカラオケに行くと選曲に年齢が出る。聖子ちゃんを熱唱すると気持ちいいが、周囲の目が……(撮影/写真部・片山菜緒子、立体イラスト:kucci)

ママ友とカラオケに行くと選曲に年齢が出る。聖子ちゃんを熱唱すると気持ちいいが、周囲の目が……(撮影/写真部・片山菜緒子、立体イラスト:kucci)

年の差ママ友とのコミュ術(AERA 2018年6月25日号より)

年の差ママ友とのコミュ術(AERA 2018年6月25日号より)

 年の差ママ友コミュニティーでうまく生きていく術はあるのだろうか。コミュニケーション講座などを行うダイレクトコミュニケーションの講師で臨床心理士の杜岡万弓さんは、こうアドバイスする。

「アラフォーの方々は若いママよりも人生経験豊富で、人を見る目も養ってきていると思います。ママ友の輪の中で、じっくりと周りを見て、どの人となら話が合いそうか見極めることから始めましょう。あまりグイグイと距離を縮めると、後でトラブルになることもあります」

 よりよい交流をもつためには、若いママたちの話題にも耳を傾けて、話の引き出しを増やしておくことも勧める。

「自分の知らないアニメやアイドルの話でも、情報として聞いて話題の引き出しにしまっておきましょう。“そんなの知らない”という態度でいると、相手は心を開いてくれません」

 ママ友との関係が複雑なところは、ママ同士の交流で終わらない点にある。ママ友との関係が子ども同士の関係にも影響を及ぼすからだ。

「ママ同士のコミュニケーションができていれば、子ども同士のトラブル時にも役立ちます」

 と杜岡さん。前出のおもちゃの話などは、「ごめんね◯◯ちゃん。すぐに返すね」と、相手の子どもにフォローを入れてあげるといいという。

「若いお母さんからは『この人はちゃんと対応してくれる』と安心してもらえるはずです。ママ同士の気が合う、合わないだけではなく、子どものために他のお母さんとのつながりを保つという考え方も忘れずにいてください」

(ライター・宮本さおり)

AERA 2018年6月25日号より抜粋


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい