想田和弘監督が新作「港町」で“観察”した「世の中の大きな変化」

2018/03/31 16:00

 目の前にあるものをただじっと見つめて、撮る。「観察映画」の実践を続ける想田和弘監督の新作「港町」はよりシンプルに、力強くなった。

あわせて読みたい

  • 想田和弘監督の「アメフトの試合以外」撮影で見えた現代米国

    想田和弘監督の「アメフトの試合以外」撮影で見えた現代米国

    週刊朝日

    6/18

    観察する男 映画を一本撮るときに、監督が考えること

    観察する男 映画を一本撮るときに、監督が考えること

    週刊朝日

    4/14

  • 内田樹「地方移住の課題は情報不足 雇用やビジネスチャンスつなぐ支援を」
    筆者の顔写真

    内田樹

    内田樹「地方移住の課題は情報不足 雇用やビジネスチャンスつなぐ支援を」

    AERA

    11/24

    絶賛の前作から12年 精神科医が行きついた最後の「純愛物語」

    絶賛の前作から12年 精神科医が行きついた最後の「純愛物語」

    AERA

    5/8

  • ダライ・ラマの思し召し? 泥棒と思われた男がダンサーと結婚した理由

    ダライ・ラマの思し召し? 泥棒と思われた男がダンサーと結婚した理由

    週刊朝日

    4/19

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す