「英語の早期教育」は必要?不要? 子どもが“人生100年時代”を生きるために

2018/03/28 11:30

 日本人の寿命に関して、驚くべきデータがある。2007年に日本で生まれた子どもは、50%の確率で107歳まで生きるというのだ。人生100年時代を生きるために、子どもたちはどんな能力を身につければいいのか。幼少期に必要な学びについて取材した。

あわせて読みたい

  • 07年生まれは50%の確率で107歳まで生存、子育て世代に求められる「二つのシフト」

    07年生まれは50%の確率で107歳まで生存、子育て世代に求められる「二つのシフト」

    AERA

    3/27

    「子どもの脳が変化する」英語の早期教育は必要か 脳科学者2人の結論は

    「子どもの脳が変化する」英語の早期教育は必要か 脳科学者2人の結論は

    dot.

    8/17

  • 「教育学部」が不況と教員不足で人気に? 安全策として免許取得の学生も増加か

    「教育学部」が不況と教員不足で人気に? 安全策として免許取得の学生も増加か

    AERA

    9/24

    SixTONESジェシーさん、ジャガー横田さんも登場! AERA English特別号『英語に強くなる小学校選び2020』、7月18日発売

    SixTONESジェシーさん、ジャガー横田さんも登場! AERA English特別号『英語に強くなる小学校選び2020』、7月18日発売

    7/18

  • 保活の救世主「幼稚園の預かり保育」の意外な落とし穴

    保活の救世主「幼稚園の預かり保育」の意外な落とし穴

    dot.

    10/27

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す