07年生まれは50%の確率で107歳まで生存、子育て世代に求められる「二つのシフト」

2018/03/27 11:30

 驚愕のデータがある。2007年に日本で生まれた子どもは、50%の確率で107歳まで生きるというのだ。人生100年時代を迎える今、現役世代には、自身の仕事と子どもの教育という「二つのシフト」が強く求められ始めている。

あわせて読みたい

  • 「100年ライフ」が当たり前? 長寿化時代を生きぬくための教科書

    「100年ライフ」が当たり前? 長寿化時代を生きぬくための教科書

    BOOKSTAND

    5/26

    「英語の早期教育」は必要?不要? 子どもが“人生100年時代”を生きるために

    「英語の早期教育」は必要?不要? 子どもが“人生100年時代”を生きるために

    AERA

    3/28

  • “長生きリスク”に年金は? 50歳女性の2人に1人が97歳まで生きる!?

    “長生きリスク”に年金は? 50歳女性の2人に1人が97歳まで生きる!?

    週刊朝日

    8/8

    「年金繰り下げ」夫婦で年500万円も見えてくる! 3つの年金戦略

    「年金繰り下げ」夫婦で年500万円も見えてくる! 3つの年金戦略

    週刊朝日

    1/18

  • なぜ「貧しい高齢者」が一気に増加? 識者が語る2042年の日本の姿

    なぜ「貧しい高齢者」が一気に増加? 識者が語る2042年の日本の姿

    AERA

    3/28

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す