難民3世代叶わぬ帰郷 アフリカ「最後の植民地」西サハラの今 (2/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

難民3世代叶わぬ帰郷 アフリカ「最後の植民地」西サハラの今

このエントリーをはてなブックマークに追加
平田伊都子AERA
西サハラ亡命政府「サハラ・アラブ民主共和国」の国旗をまとう女性。背後に「砂の壁」が見える。これ以上近づくと地雷とモロッコ軍の銃撃という危険がある(撮影/川名生十)

西サハラ亡命政府「サハラ・アラブ民主共和国」の国旗をまとう女性。背後に「砂の壁」が見える。これ以上近づくと地雷とモロッコ軍の銃撃という危険がある(撮影/川名生十)

民族衣装メルファをまとった女性カメラマン・ハディジャ。難民キャンプの集会場で大統領の演説を撮影し、西サハラ人向けのテレビで放映する(撮影/川名生十)

民族衣装メルファをまとった女性カメラマン・ハディジャ。難民キャンプの集会場で大統領の演説を撮影し、西サハラ人向けのテレビで放映する(撮影/川名生十)

難民3代。娘と孫は難民キャンプで生まれ育った。娘は一枚の大きな布でできた民族衣装をまとう(撮影/川名生十)

難民3代。娘と孫は難民キャンプで生まれ育った。娘は一枚の大きな布でできた民族衣装をまとう(撮影/川名生十)

2017年8月、アルジェリアのブメルデスで開かれた集会で、政治囚の写真を掲げて釈放を訴える被占領民のアイシャ(左端)(撮影/川名生十)

2017年8月、アルジェリアのブメルデスで開かれた集会で、政治囚の写真を掲げて釈放を訴える被占領民のアイシャ(左端)(撮影/川名生十)

 各キャンプには数万人の難民が暮らす。小学校もある。小学生は親元から通い、中学生になると全寮制中学に入る。男女共学で学費は無料だが、文房具や備品はないに等しい。

 キャンプは電気もガスも水道もないが、アルジェリア軍事基地に近いキャンプは基地から電気が供給される。井戸水は塩辛くて飲めないため、飲み水はアルジェリアの給水車に頼っている。援助物資の簡易ソーラーパネルでかすかな明かりをともし、ミニガスボンベで伝統の甘茶を入れ、小麦粉やツナ缶や豆といった質素な食材を工夫して食事を楽しむ。見た目は太っていても慢性の栄養不足で、年に1度訪れるスペイン人歯科医のボランティアによれば、「カルシウム不足で歯はボロボロ、治療以前の問題」だという。

 援助物資は各キャンプの配給委員会に届けられ、平等に分配される。キャンプの運営は女性たちが担い、医療や学校などキャンプの要職にも女性が就いている。女性がテントを仕切るのは砂漠の民の伝統でもあるのだ。

 西サハラの悲劇を象徴するのが「砂の壁」だ。北はアルジェリア国境から南はモーリタニア国境まで全長約2500キロメートル、西サハラを切り裂くように縦断している。81年から7年かけてイスラエル軍高官の指導でモロッコがつくった。

 壁といっても、がれきを2、3メートルほど積んだだけの一見お粗末な代物だが、10キロメートルごとにモロッコ軍の小さな要塞があり、戦闘機や戦車で重武装した約10万のモロッコ兵が展開している。壁の西側はモロッコ占領地、東側は西サハラ解放区で、難民軍の攻勢を防ぐため、50メートル幅で約600万個以上(国連推定)の地雷が埋められている。地雷は砂嵐や洪水で露出し、漂流する。2009年には壁から20キロメートルも離れた地点で犠牲者が出た。

 砂の壁で分断された難民と被占領民は、かつてのように自由に行き来ができなくなった。それでも4年に1度、被占領民は西サハラの「首都」ラユーンからモロッコのカサブランカ経由でアルジェリアまで、飛行機を乗り継いで難民キャンプを目指す。モロッコの空港ではモロッコ警察の妨害にあい、命がけの大移動だ。「西サハラ民族大会」に参加するためには危険もいとわない。


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい