大学入試に「話す」は必要か? 安河内哲也と南風原朝和が激論

大学入試

2018/03/04 11:30

 2020年度から導入される「大学入学共通テスト」。英語は「読む」「聞く」「話す」「書く」の4技能で評価になり、民間試験の成績を世界標準のCEFR(ヨーロッパ言語共通参照枠)に対応させ段階分けする。4技能テストの活推進派である東進ハイスクール講師・安河内哲也さんと、慎重派の東京大学高大接続研究開発センター長・南風原朝和さんが、激論をかわした。

あわせて読みたい

  • 安河内哲也×南風原朝和が熱血対談「英語4技能テストは本当に必要か」

    安河内哲也×南風原朝和が熱血対談「英語4技能テストは本当に必要か」

    AERA

    3/4

    2021年の共通テストに「待った」 「センター試験継続を」の声も

    2021年の共通テストに「待った」 「センター試験継続を」の声も

    AERA

    1/27

  • 来年は早稲田、明治も… 受けて得する「TEAP」って何?

    来年は早稲田、明治も… 受けて得する「TEAP」って何?

    週刊朝日

    2/29

    共通テスト、専門家が立て直し案を提言 格差を解消し、生徒の力も伸ばす「英語のスピーキング力」の測定法とは

    共通テスト、専門家が立て直し案を提言 格差を解消し、生徒の力も伸ばす「英語のスピーキング力」の測定法とは

    AERA

    2/1

  • 失敗を繰り返さないための三つの提言 大学入学共通テストの検討会議始まる

    失敗を繰り返さないための三つの提言 大学入学共通テストの検討会議始まる

    AERA

    1/13

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す